SlashNext は、eメールセキュリティの最新イノベーションである、SlashNext GenAI for Spam and Graymail を発表しました。この新しいサービスは、生成 AI 大規模言語モデルを採用して、スパムとグレーメールの検出とフィルタリングを強化し、ほぼ完璧な精度と誤検出の大幅な削減を約束します。AI 分類器は、広告やニュースレターなど、さまざまな種類の不要なメールを認識するように特別に設計されており、潜在的な脅威を軽減し、ユーザーとセキュリティ オペレーション センター (SOC) チームの両方の生産性を向上させます。

このサービスの導入は、SlashNext Threat Labs が ChatGPT の登場後に悪質なフィッシング メールが急増し、驚異的な 1,265% の増加を記録したと報告している重要な時期に行われました。FBI の最近の IC3 レポートでも、ビジネス メール詐欺 (BEC) のコストが増大していることが強調されており、2023 年には損失が 29 億ドルを超えるとされています。生成 AI プラットフォームの急増により、より高度で大量のeメール攻撃が促進され、ユーザーから報告されたメールが殺到するSOCチームの課題が深刻化しています。

SlashNextのCEOであるパトリック・ハー氏は、AIを活用したサイバー脅威と戦う同社の積極的な姿勢を強調しました。2023年、SlashNextはBECをターゲットとした生成AIソリューションを導入し、サプライチェーンや役員のなりすましなどの複雑な攻撃に対処しました。新しいスパムおよびグレイメール向けGenAIは、このAI主導の保護を拡張し、個人とSOCチームの両方のリスクを最小限に抑え、生産性をさらに向上させることを目指しています。

このサービスは、ユーザーの受信トレイからスパムやグレーメールを除去するだけでなく、アラートや調査の数を減らすことでSOCチームの作業負荷を軽減します。エグゼクティブ ダッシュボードと概要レポートは、ユーザーやSOCアナリストの節約時間などの指標を強調し、CISO にメリットの透明性を提供します。従来のeメールセキュリティ ソリューションとは一線を画す SlashNext 独自の生成 AI LLM は、Microsoft とシームレスに統合され、Microsoft Defender for Office 365 を強化して、強力で相乗効果のある防御戦略を提供します。

出典:プレスリリース