SmarterLicenseは、進化するデジタルコンテンツ環境に対応して、コンテンツ作成者とユーザーの両方の保護を強化することを目的とした新しいライセンス フレームワークを導入した。この革新的なアプローチは、現在および将来のデジタル環境の多様なニーズに適応するように設計されており、知的財産に対する柔軟性と制御を可能にするソリューションを提供する。

SmarterLicenseは、デジタル資産の安全な配布と収益化を約束するツールであるSmarterLinksもリリースした。これにより、作成者はAIトレーニングに使用されるファイルなどを共有しながら、使用状況を追跡し、権限を管理する機能を維持できる。このシステムは、複雑なバックエンドシステムを扱うための技術的な専門知識がなく、さまざまなプラットフォームでのコンテンツの使用に関する特定の条件を決定したい人にとって特に有益だ。

同社の製品スイートには、買い手と売り手をつなぐパブリックマーケットプレース、アセット ライセンスを合理化する「オファー」ツール、大量のコンテンツ取得に対応するアップロードポータルが含まれている。これらのサービスは、急速に変化するデジタル領域での知的財産の管理と収益化を促進するSmarterLicenseのより広範な戦略の一部だ。

SmarterLicenseは最近、プレミアリーグでXALTと共同でパイロットプロジェクトを実施し、有料メディアのコスト削減と若年層の視聴者の関心獲得におけるプラットフォームの有効性を実証した。この取り組みでは、ハーフタイム ショーのトレンドコンテンツを迅速にライセンス供与する機能も実証され、視聴者の維持率を大幅に向上させた。この成功を受けて、SmarterLicenseはプラットフォームをさらに開発するために110万ドルのエンジェルファンディングを獲得した。

出典:プレスリリース