グリーンデータセンターの開発会社である Soluna Holdings, Inc. は、株主への公開書簡で、CEO の John Belizaire の見解を共有しました。ビットコインマイニングや AI などの集中コンピューティングアプリケーションを専門とする同社は、再生可能エネルギーを主要な電源として活用するという使命を改めて表明しました。過去 1 年間、Soluna はプロジェクトの活性化、キャッシュフローの最適化、業務の拡大、プロジェクトパイプラインの拡大において大きな進歩を遂げてきました。

2023 年、Soluna Holdings は Project Dorothy をフル稼働に移行し、50 MW を活性化し、Navitas と提携してビットコインマイニング事業を確立しました。また、Project Dorothy の一部の過半数の株式を Spring Lane Capital に売却し、資金調達と戦略的ホスティングパートナーの確保に貢献しました。さらに、同社は独自のマイニングからホスティングに重点を移し、契約を確保し、新しい ERP システムで効率性を高め、営業キャッシュポジションを大幅に増加させました。

Soluna Holdings は、現在着工準備が整っている Project Dorothy 2 も進めており、新しい 166 MW データセンター Project Kati の契約書に署名し、成長軌道をさらに強固なものにしています。同社の独特なビハインドザメーター構造により、直接電力供給と需要応答サービスが可能になり、ビットコインマイニングと将来の高性能コンピューティングアプリケーションのコストが最適化されます。同社の MaestroOS™ は最先端のデータセンターを支え、運用を管理して収益性と持続可能性を最大化します。

2024 年に向けて、Soluna Holdings は運用資産を 2 倍にし、特に AI 分野での成長を支援するための資金調達を継続することを目指しています。同社は、高い顧客満足度を維持しながら、運用の卓越性と EBITDA を最適化することを計画しています。同社はまた、次世代 AI データセンターのパイロットを開始する準備を進めており、業界のリーダーと提携して新しい AI ビジネスの青写真を作成しています。Soluna のイノベーションと持続可能性への取り組みは、成長を促進し、より効率的なエネルギーの未来に貢献することになるでしょう。

出典:プレスリリース