SOMPOリスク(東京)は、企業の生成AI利用を安全に支援するため、Citadel AI(東京)と業務提携を開始した。この提携により、生成AIのライフサイクルマネージメントを強化し、ガバナンス態勢の整備やリスクアセスメント、リスクモニタリングを通じて、安心して利用できる基盤を構築する。

生成AI市場は2030年には約1兆7774億円に達すると予測されている。しかし、Chatbotのハルシネーションやバイアス、コンテンツの真正性問題など、リスクも増加している。経済産業省は「AI事業者ガイドライン」を定め、企業はこれらのリスクを管理し、信頼性と安全性を確保する必要がある。

SOMPOリスクはリスクコンサルティングの専門知識を生かし、リスクアセスメントと生成AIガバナンス態勢の整備を支援する。一方、Citadel AIは生成AIの信頼性を検証し、品質改善のための技術ソリューションを提供する。これにより、企業は生成AIをより効率的に、かつ安全に活用できるようになる。

SOMPOリスクはリスクマネージメントのリスクソリューションを提供し、顧客の成長を支援している。Citadel AIはBSIによってハイリスクAIの審査ツールとして採用され、国際的にも認知されている。この提携は、企業の生成AI活用を促進し、事業のさらなる高度化を図る一助となるだろう。

出典:プレスリリース