KPMGジャパン(東京都千代田区)は、「NIKKEI生成AIコンソーシアム」への協賛を発表。同コンソーシアムは、生成AIの活用とルールメイキングに焦点を当てた議論の場を提供する。

6月26日に開催されるシンポジウムで、熊谷堅氏が「“AIガバナンス”を理論から実践へ-Trusted AIの実現-」と題して講演を行う。同社はAIリスクとガバナンスに関する専門知識を持つ。

KPMGジャパンは、監査、税務、アドバイザリーの各分野でサービスを提供。9つのプロフェッショナルファームが連携し、グローバルネットワークを活用している。

メンバーファームには、あずさ監査法人やKPMG税理士法人などが含まれる。各社は専門的知識を生かし、クライアントの経営課題解決に貢献している。

出典:プレスリリース