MODE(アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ)は、生成AIを活用した新プログラムを発表。センサーメーカー向けに「BizStack」プラットフォームを通じてIoTビジネスを容易に開始できる環境を提供している。しかし、従来のシステムでは研修を受けたユーザーのみが利用可能で、実際の業務での活用は限定的だった。

2024年5月1日、MODEは「BizStack Assistant」を導入。このチャット型アシスタントは、生成AIを駆使して現場データを一元化し、必要な情報を自然言語で提供する。これにより、従来のダッシュボードでは難しかった情報の抽出が可能になり、ユーザーの作業をサポートする。

新たなセンサーパートナープログラムでは、「BizStack」だけでなく「BizStack Assistant」にも対応。センサーメーカーはIoTビジネスに加え、生成AIビジネスへの進出もサポートされる。これにより、センサーの知能化が進み、ユーザーはチャットを通じてセンサーデータにアクセスできるようになる。

MODEセンサーパートナープログラムは、立ち上げから2年で57機種のセンサーと49社のパートナーを獲得。国内最大規模のIoTパートナープログラムとなった。センサーメーカーは、BizStack Assistantを活用したビジネス支援を受けられる。詳細は「https://lp.tinkermode.jp/sensor-partner-program」で確認できる。

出典:プレスリリース