SymphonyAIは、Good Food Holdingsとの提携を発表し、同社の西海岸店舗での小売業務を強化する。厳選された食品の品そろえで知られるカリフォルニアを拠点とする小売業者は、SymphonyAIのコネクテッドリテール ソフトウェアスイートを導入し、企業全体の洞察を強化し、製品の在庫を確保する。このソフトウェアには、CINDE需要パフォーマンス、店舗および棚パフォーマンス、マーチャンダイジングツールが含まれており、Bristol FarmsやMetropolitan Marketを含むGood Food Holdingsの5つのブランドで活用される。

この提携は、SymphonyAIのAIベースの機能を通じて、Good Food Holdingsのサプライチェーンとマーチャンダイジングの取り組みを合理化することを目的としている。これには、需要予測AI、店舗補充、分散注文管理が含まれており、接続された予測と顧客への一貫した製品提供を促進することが期待されている。さらに、Good Food Holdingsは、AIとコンピュータービジョンを活用して棚の状態をリアルタイムで監視するCINDE Store Intelligenceをテストしており、買い物客の満足度と収益の向上を目指している。

SymphonyAIのCINDE MerchandisingとConnected Promotionsは、Good Food Holdingsに実用的な顧客インサイトと最適化されたプロモーション戦略を提供する予定だ。この小売業者は、売上、顧客行動、プロモーションデータを分析することで、収益性を維持しながら顧客の共感を呼ぶターゲットを絞ったオファーを提供する予定だ。Good Food HoldingsのCEOであるNeil Stern氏は、このパートナーシップに熱意を示し、買い物客の体験と運用の成熟度が向上する可能性を強調した。

SymphonyAIの小売/CPG部門社長であるManish Choudhary氏は、Good Food Holdingsにコネクテッドリテール ソリューションを導入することに興奮を表明した。この取り組みは、SymphonyAIの予測および生成AIテクノロジーを活用して、小売業者の成長、拡張性、顧客ロイヤルティーをサポートすることが期待されている。Good Food Holdingsは、多様性に富み、コミュニティーに重点を置いたブランドを擁し、イノベーションと顧客中心のアプローチを通じて市場をリードし続けることを目指している。

出典:プレスリリース