TD SYNNEX(東京)は、Google Cloudの正規ディストリビューターとして「Google Security Operations (Google SecOps)」の取り扱いを開始した。Google Cloudは、Google検索やYouTubeなどの基盤として知られ、ビッグデータ解析やAI技術で業界をリード。TD SYNNEXは2022年からGoogle Cloudの提供を開始し、マルチクラウド需要の高まりを受けている。

同社は、アメリカやヨーロッパでのSecOps実績を日本にもたらす。これにより、TD SYNNEXはグローバルディストリビューターとして、ITソリューションの提供を拡充。Google SecOpsは間接販売パートナー経由で購入可能となり、顧客は柔軟にソリューションを導入できるようになる。

Google SecOpsは、SIEMの課題を克服し、SOAR・UEBA・AI・脅威インテリジェンスを統合したセキュリティプラットフォーム。TD SYNNEXはこれを核に、日本の顧客が直面するセキュリティ課題の解決に貢献し、ビジネスと社会のセキュリティ向上を目指す。詳細はhttps://cloud.google.com/security/products/security-operations?hl=jaで確認できる。

TD SYNNEX経由で販売パートナーになるメリットは多岐にわたる。StreamOne® Stellrを利用し、請求業務を簡素化できる。また、Google CloudだけでなくGoogle Workspaceも販売可能。幅広いGoogle Cloudソリューションラインナップが活用でき、ワークショップやトレーニングにも参加できる。詳細はhttps://www.synnex.co.jp/vendor/google/googlecloud/partnerで確認可能だ。

出典:プレスリリース