テラスカイ(東京都中央区)は、Salesforce上で動作する「mitoco AI」を開発した。このシステムは、Microsoft Azure上の生成AIに指示を出し、Salesforce内のデータから適切な回答を生成する。セキュリティを重視し、Salesforceのデータを直接AIに渡さないため、安全に利用可能だ。

同社はSalesforceに関する豊富な知識を生かし、「mitoco AI」の導入企業を今後5年間で300社に拡大する計画だ。このサービスにより、Salesforceのデータを一元化し、利用促進を図ることで顧客のビジネスの発展を支援する。

「mitoco AI」のアーキテクチャは、必要なデータの取得方法を判断し、Microsoft Azureの生成AIに実行計画を依頼する。OpenAIがSOQLを発行し、取得したデータでユーザーに回答を提供する。このシステムはSalesforceのオブジェクトを学習し、自然言語での回答、多言語対応、mitoco ERPを含むAppExchangeアプリケーションとの互換性を備えている。

出典:プレスリリース