TIFINは最近、人工知能による資産管理の強化に焦点を当てた新しい組織であるTIFIN AGの設立を発表した。Vinay Nair博士によって考案されたTIFIN AGは、高度なAIアルゴリズムを活用して、資産管理会社の資産増加を支援する。このプラットフォームは、顧客の獲得、成長、維持を向上させるために設計された一連のAI駆動ツールを提供する。これらのツールは、潜在的な顧客の優先順位付け、紹介機会の発見、統合の可能性に関する顧客ポートフォリオの評価、顧客と資産保持に対するリスクの予測に役立つ。TIFIN AGのテクノロジーはマーケティングオートメーションと統合されており、ウェルス マネージャーが顧客や見込み顧客とより効果的に対話できる動的な環境を作り出す。

TIFIN AGの成長を導くための戦略的な動きとして、同社は経験豊富な専門家チームを取締役会に迎え入れた。取締役会の構成は、金融テクノロジーおよび資産管理セクターにおける豊富な専門知識を反映している。TIFINの創設者兼CEOであるビネイ・ネール博士に加え、E-3 Techの創設者兼共同CEOとしての経験と、Focus Financial Partnersの名誉共同創設者としての経歴を持ち合わせたRajini Kodialam氏と、Brian Carlin氏が取締役会に加わった。これまでの役職には、JPモルガンプライベート キャピタルのCEOおよびJPモルガンウェルス マネージメントソリューションズのCEOが含まれる。

TIFIN AGは、よりデータ主導型で顧客中心のアプローチを提供することで、資産管理会社の運営方法を変革することを目指している。このプラットフォームのAI機能は、顧客エンゲージメントから資産管理に至る資産管理プロセスを洗練するように設計されている。TIFIN AGは、パートナーシップとTIFINのデータレイクを通じて資産データを統合し、その品質を向上させることで、AIの力を活用しようとしている企業にとって貴重なツールとしての地位を確立している。ラジニ・コディアラム氏とブライアン・カーリン氏が取締役会に加わったことで、ウェルスマネージメント業界における革新という同社の使命がさらに推進されることが期待される。

出典:プレスリリース