タッチスポット(東京都渋谷区)は、営業DXプラットフォーム「CEOclone」とPoetics(東京都渋谷区)の「JamRoll」を組み合わせた新パッケージを発表。このパッケージは、商談データの蓄積と解析を通じて、成功する商談パターンを特定し、営業手法を向上させることを目的としている。将来的には、AIを活用したコンテンツ生成を可能にする環境構築を目指す。

「CEOclone」は、トップセールスの商談をウェブ上で再現し、営業活動を支援するプラットフォームである。一方、「JamRoll」は、商談の会話を録画・文字起こしし、音声解析AIで営業スキルの向上を図る商談支援AISaaSだ。この二つの連携により、商談の前段階のデータや解析結果を基にした高度な商談解析が可能となり、営業活動の最適化を図る。

タッチスポットは、最適な商談を行うクローン制作を目指し、データ蓄積に協力するモニター企業を募集中。企業間コミュニケーションの改善を通じて、社会全体の生産性向上を目指すというパーパスのもと、営業活動の効率化をサポートしている。興味のある企業は、タッチスポットまで問い合わせを。

「CEOclone」と「JamRoll」の連携により、商談時の態度変容を検証し、商談化率と受注率の向上を目指す。蓄積されたデータを分析し、顧客ごとに最も効果的なアプローチ方法を導き出すことで、営業プロセス全体の効率化と成果向上を実現する。詳細はJamRollの公式サイトで確認できる。

出典:プレスリリース