Unison Virtual Acquisition Office™ は、連邦調達規制の複雑さを簡素化するために設計された生成AIツールであるVAO Allyを導入した。このツールは、規制に関する質問に迅速かつ確実に回答することで、契約担当者やその他の連邦調達担当者を支援することを目的としている。VAO Allyは、その広範な知識ベースを権威ある規制ソースと統合することで、連邦調達規則の複雑な状況に対応するための合理化されたソリューションを提供する。

連邦規制の複雑さが増すにつれて、調達担当者に大きな負担がかかっている。VAO Allyは、生成AIを利用して連邦調達規則(FAR)、国防総省連邦調達規則補足(DFARS)、およびUnison独自の調達コンテンツに関する質問に迅速に正確な回答を提供することで、この課題に対処する。AIツールの会話型インターフェイスにより、情報を効率的に要約できるため、ユーザーは規制ガイダンスに簡単にアクセスして解釈できる。

VAOのディレクターであるAmanda Priceは、VAO Allyの導入により、組織の継続的なイノベーションへの取り組みを強調した。このツールは、増え続ける規制や大統領令に対応する専門家の調達プロセスを簡素化するように設計されている。プライス氏は、連邦政府調達ライフサイクル全体にAIを統合するというUnisonの目標をサポートするVAO Allyの役割に熱意を示しました。

連邦政府調達の推進に対するUnisonの献身は、VAO AllyのようなAIを組み込んだソリューションの開発に表れている。内閣レベルの機関、主要な国防総省プログラム、主要な政府請負業者に及ぶ大規模なユーザーベースを持つUnisonは、革新的なテクノロジーを通じて連邦政府調達プロセスを強化する最前線に立っている。VAO Allyは、この分野でAI主導の進歩を先導する同社の取り組みにおける重要な一歩だ。

出典:プレスリリース