ベクトル(東京都港区)の子会社Owned(東京都品川区)は、AIを活用した営業力強化に関する最新の資料を公開した。この資料は、AIの進化による営業戦略の変化を詳細に解説している。

2024年3月には、米国のAIスタートアップ「Anthropic」が新モデル「Claude 3」を発表。これにより、アイデアのブレインストーミングや画像分析などが可能になった。また、楽天グループは日本語特化の大規模言語モデル「Rakuten AI 7B」を公開し、ビジネス意思決定の支援を強化している。

当社のレポートでは、AIがCRMやソーシャルメディアから顧客データを収集し、ターゲットの細分化やパーソナライズされたアプローチを可能にする方法を紹介。顧客の行動パターンを分析し、営業力を高める手法が提供されている。

さらに、営業のタイミングや対象、内容についての適切なアプローチ方法も解説。AI導入を検討している企業にとって、有益な情報が満載だ。他にもSEOに関する基礎知識を扱った調査レポートも参照可能である。

出典:プレスリリース