Vidaは、中小企業にサービスを提供する通信サービスプロバイダー向けに特別に設計された新しいAI音声エージェントプラットフォームとAPIを発表した。この発表には、VidaのAI音声ソリューションの採用を促進するために、Stillmarkが先頭に立って行った300万ドルのシード投資が伴う。Vidaのテクノロジーは、AI音声エージェントを通じて顧客サービスや販売などの重要な機能を自動化できるようにすることで、企業の業務効率と顧客体験を向上させることを約束する。

同社のAI音声エージェントは、通信業界の専門家によって開発され、既存の通信インフラとの互換性を保証する独自の音声スタックを誇っている。これらのエージェントは、OpenAI、Meta、Anthropic、Mistralの高度なAIテクノロジーのおかげで、リアルな会話をリアルタイムで行うことができる。VidaのCEOであるLyle Pratt氏は、企業がこれらのAIエージェントを既存の通信システムに簡単に統合し、中小企業が高度なAIツールをより利用しやすくなることを強調した。

Vidaはプラットフォームに加えて、通信サービスプロバイダーがAI音声エージェント機能を自社のサービスに組み込めるようにするAPIをリリースした。この統合はNetsapiens、Broadsoft、Metaswitchなどのプラットフォームにまで拡張され、中小企業の実装プロセスを簡素化する。さらに、VidaのAIエージェントは7,000を超えるアプリに接続できるため、Cox Auto、Athena Health、Salesforce、Freshdeskなどの企業の既存システム内でタスクを実行できる。

Vidaのテクノロジースイートには、顧客とのやり取りを管理するためのビジネス インボックス、通話ハンドオフ機能、Lightning Network経由のBitcoin取引を含む支払い処理のサポートなどの機能が含まれている。同社は導入の容易さと外部知識の統合に重点を置いており、成長と顧客サービスの向上のためにAIを活用したい中小企業にとって貴重なツールとなっている。最近の資金調達ラウンドでは、Trammell Venture Partners、Ten31、Timechain、Lightning Venturesからの寄付も見られたが、これは、AIテクノロジーを通じて企業が顧客とやり取りする方法を変革するVidaの可能性に対する投資家の信頼を反映している。

出典:プレスリリース