WalkMe Ltd. は最近、パートナー エコシステムの拡大を発表し、Cognizant および UST との新しいコラボレーションを導入しました。これらのパートナーシップは、特に AI 搭載アプリケーションの使用が増加する中で、顧客が高度なテクノロジーを効果的に採用し、拡張できるように支援することを目的としています。この提携により、組織はDXと変更管理に伴う複雑さをより適切に管理できるようになります。

Cognizant は、幅広いソリューション スイートと深い業界経験で知られており、WalkMe のデジタル導入プラットフォームを補完します。このコラボレーションにより、ユーザーの生産性が向上し、相互のクライアントの成長が促進されると期待されています。クライアント固有の変革とテクノロジー近代化プログラムに対する Cognizant のアプローチは、既存のシステムとシームレスに統合する迅速かつコスト効率の高いソリューションを提供するように設計されています。

USTとWalkMeのパートナーシップ、特にUST Sparkプログラムを通じたパートナーシップは、現在および将来のビジネス課題に対処するための技術的相乗効果の活用に重点を置いています。スペインとラテンアメリカですでに活動しているこのコラボレーションは、他の地域にも拡大される予定です。WalkMeのAIを活用したデジタル導入ソリューションは、これらの市場におけるUSTの顧客中心の戦略をサポートし、DXの取り組みを合理化すると期待されています。

WalkMe のグローバル副社長であるTravis Dion 氏は、生成型 AI アプリケーションの急増の中で、これらのパートナーシップがタイムリーであることを強調しました。同社は、テクノロジー導入の課題に 10 年にわたって取り組んできた経験を活かし、Cognizant、UST、およびその顧客にデジタル導入プラットフォームのメリットを最大化するための貴重な専門知識とサポートを提供することができます。

出典:プレスリリース