ワークスアプリケーションズ(東京都千代田区)は、自社のERPパッケージ「HUE」と「Microsoft Copilot」の連携を発表。2024年7月より、ユーザーはAIを活用して業務を効率化できるようになる。この取り組みにより、データ入力や分析などの作業が自動化され、経営層は重要な情報を容易に得られる。

「HUE」と「Microsoft Copilot for Microsoft 365」の連携では、Teamsを介して会計データや企業データにアクセス可能。ユーザーはチャットで質問し、AIがリアルタイムで回答を提供する。例えば、「今月の支払依頼書を表形式で」と指示すると、AIが必要なデータを整形し、リンク付きで表示する。

また、「Microsoft Copilot Studio」を用いて「HUE」のデータをカスタマイズし、業務プロセスを自動化することも可能に。与信調査などのプロセスをAIが自動で実行し、業務を支援する。これにより、プログラミング知識がなくても業務の自動化が実現される。

日本マイクロソフト(浅野智)は、「HUE」との連携を歓迎。自然言語での操作が可能になり、ERPデータの活用が広がるとコメント。ワークスアプリケーションズと共に、AI技術を活用したサービス提供を進め、企業のDX推進に貢献すると述べた。7月18日には、「WorksWay 2024」でERPとAIのデモンストレーションが行われる。

出典:プレスリリース