Zapata AIは最近、KTコンソーシアムのメンバーとなり、トップクラスの化学および生化学メーカーと協力し、化合物の開発と製造プロセスを強化している。同社はヘンケルや三菱ケミカルなどの業界大手と協力し、最適化と予測モデリングの専門知識を活用して、この分野の進歩を促進する。このコラボレーションは、年間収益が1,000億ドルを超えるメンバーで構成されるコンソーシアムの総合力を活用することを目的としている。

Zapata AIのCEOであるChristopher Savoie氏は、同社がコンソーシアムに加わったことを誇りに思い、特に量子技術と組み合わせた場合の産業用生成AIの変革の可能性を強調した。このパートナーシップにより、Zapata AIは業界の複雑な課題に関する貴重な洞察を得ることができ、AIと量子アプリケーションに関する技術的リーダーシップと専門知識を通じて、競争上の優位性を提供できるようになる。

BASFやBPなどの化学および生化学メーカーとのZapata AIの成功したコラボレーションの歴史は、KTコンソーシアムへの参加によってさらに充実することになるだろう。同社のアグノスティックプラットフォームと量子アルゴリズムは、業界内で大幅な価値と効率の向上をもたらすことが期待されている。デンマーク工科大学のSeyed Soheil Mansouri氏は、コンソーシアムメンバーに選ばれた主な理由として、Zapata AIの実績ある専門知識と革新的なソリューションを挙げた。

産学連携を促進するKTコンソーシアムは、業界パートナーにとって大きなメリットとなるZapata AIの量子生成AIの進歩を歓迎している。コンソーシアムの責任者であるGeorgios Kontogeorgis氏は、Zapataの貢献により化学および生化学製造におけるコストと開発時間が大幅に削減され、イノベーションと業界標準の新時代が到来すると予想している。

出典:プレスリリース