Zendataは最近、ステルスモードから脱却し、セキュリティー チームのデータとセキュリティー管理を強化するために200万ドルのシード資金を確保したことを発表した。この投資ラウンドには、PayPal Venturesやその他の著名なベンチャーキャピタル企業からの寄付があった。この資金は、効果的なAIとデータガバナンス ソリューションに対する高まる需要に対応して、Zendataプラットフォームの開発と顧客範囲の拡大に充てられる。

フォーチュン100企業での経験を持つ熟練した専門家によって設立されたこの会社は、さまざまな組織プロセスにわたるデータセキュリティーとプライバシーの統合を簡素化することを目指している。ZendataのCEOであるNarayana Pappu氏はエンタープライズグレードのデータ製品の開発経験があり、共同設立者のPedro Pinango氏はスタートアップ向けのデジタル製品の作成チームを率いてきました。彼らの専門知識を組み合わせることで、AIとデータのリスクを管理する組織のニーズに対応できるようになる。

業界観測筋は、AIガバナンスの重要性の高まりとファーストパーティーデータへの移行に注目しており、Zendataの製品に対する需要が急増すると予測している。投資家の1社であるGeek Venturesは、創設チームがCIO/CISOとCDOの役割のギャップを埋める能力と、拡大する市場で成功する可能性に自信を示しました。

データ侵害やシステムの脆弱性の悪用が増加する中、Zendataのプラットフォームは、コンプライアンスを維持し、潜在的な脅威を未然に防ぐツールを組織に提供するために設計されている。ビジネスにおけるAIと大規模言語モデルへの依存が高まるにつれ、データ使用に関する明確な洞察と制御の必要性がますます重要になっている。ZendataのAIガバナンスプラットフォームは、このニーズを満たす準備ができており、企業がデータ プライバシーと保護規制の複雑さを管理するためのノーコードのソリューションを提供する。

出典:プレスリリース