Zenken(東京都新宿区)の子会社全研ケアは、AIキャラクターを用いた介護施設での実証実験に参加すると発表した。2024年6月13日から始まるこの実験は、認知機能の改善とサービス満足度の向上を目的としている。商用化は2025年を予定している。

実験にはSpiral.AI(東京都千代田区)やスターダストプロモーション(東京都渋谷区)を含む9社が参画。AIキャラクターのモデルにはタレントの「野々村真」氏が起用され、学研ココファン(東京都品川区)、全研ケア、日本ロングライフ(大阪府大阪市)が実証場所と参加者の提供に協力する。

AI技術を活用した社会課題解決の事例として、この実証実験は注目される。介護施設での「対話」を通じた価値実証が行われることで、AIの社会的な可能性を探る一環となる。

実証実験は、介護施設利用者の認知機能やケアの状況を定量化し、改善策を模索する。全研ケアは介護施設「全研リビング久喜」を実証場所として提供し、2025年の商用導入に向けた知見を得ることを目指す。

出典:プレスリリース