Zillow は、AI 主導の不動産インタラクションの公平性を高めるために設計されたオープンソースの Fair Housing Classifier を導入しました。このツールは、AI 会話における潜在的な偏見、特に住宅検索やチャットボット インタラクションにおける差別的慣行につながる可能性のある偏見を特定して軽減することを目的としています。法的に保護されているグループに対して偏った回答を引き起こす可能性のある質問を検出することにより、Zillow の取り組みは、不動産セクターにおけるより公平な AI エンゲージメントを促進することを目指しています。

同社の最新のイノベーションは、保護された特性に基づいて AI が購入者の住宅選択に影響を与えるのを防ぐことで、違法な誘導の問題に対処します。この動きは、不動産における技術の進歩が消費者の公平性と公正性に重点を置いたものとなるようにするための Zillow の継続的な取り組みを反映しています。この分類ツールは、公民権団体、テクノロジー企業、不動産業界のその他の関係者に提供されており、ツールのコラボレーションと継続的な改善を促進しています。

Zillow が Fair Housing Classifier を一般公開するという決定は、透明性と公正な住宅原則への取り組みと一致しています。分類器のコードとフレームワークはGitHubで公開されており、信頼できるパートナーはトレーニング データと事前トレーニング済みモデルへのアクセスをリクエストして、システムをさらに改良することもできます。この共同アプローチにより、さまざまな関係者からの貢献が促進され、分類器の有効性が高まります。

公正住宅分類ツールのリリースは、オンライン住宅検索が普及している時期に行われ、住宅への公平なアクセスをサポートするツールの必要性が浮き彫りになりました。公正住宅法が長年にわたって施行されているにもかかわらず、差別は根強く残っています。Zillow の調査によると、多くのアメリカ人、特に社会的に疎外されたコミュニティの人々が住宅差別に直面し続けています。この分類ツールを提供することで、Zillow は倫理的な AI アジェンダを推進するだけでなく、公正な住宅の権利について一般の人々を啓蒙し、住宅市場における平等な機会を促進するための幅広い取り組みにも貢献しています。

出典:プレスリリース