Zycus(マイアミ)は、年次調達会議Horizon 2024で、Source-to-Pay(S2P)プロセスを自動化し、効率を向上させるGenAIの進歩を発表した。同社は、調達プロセスを変革するための新しいアプローチを紹介し、参加者から注目を集めた。

同社が紹介した「Merlinアシスト・チャットボット」は、Microsoft Teamsに統合され、ユーザーが質問したり、契約の詳細を抽出したりすることができる。また、「Merlin GenAIパワー・アプリ」は、AppXtendを通じて提供され、多くの調達プロセスを効率化する。

Global 500企業の間接調達責任者はHorizonで、「ZycusのMerlin GenAIは、S2Pプロセス全体の重要な課題点に対応している」と評価した。Zycusの創業者兼CEOアーティッシュ・デディアは、同社が構築したデータセットとGenAIモデルのトレーニングにより、顧客ニーズを的確に把握していると述べた。

Microsoft Indiaのサミク・ロイ氏は、「AIは働き方を変える」とし、ZycusがAzure OpenAIを統合し、AIを日常業務に取り入れることで、効果的な影響をもたらしていると認識した。Horizon 2024は、ZycusがGenAIを活用した調達ソリューションのリーダーシップを示す場となり、企業にとっての大きな飛躍の機会を提供した。

出典:プレスリリース