最新ニュース

Meta が Chameleon、JASCO、AudioSeal の AI モデルを発表

Metaは、この分野におけるイノベーションと責任ある進歩を促進することを目指して、いくつかのAI研究モデルを世界のAIコミュニティーにリリースすると発表した。共有モデルの中には、画像とテキストの両方を理解して生成できる混合モーダルモデルであるChameleonがある。Chameleonは、テキストと画像の組み合わせを処理できる能力が際立っており、キャプションの生成や新しいシーンの作成などのクリエーティブアプリケーション向けの多目的ツールを提供する。 言語モデルの効率性を高めるために、Metaはマルチトークン予測アプローチを導入した。この方法では、AIモデルをトレーニングして一度に複数の単語を予測する。これは、従来の単語予測とは大きく異なる。コード補完タスクの改善を目的としたこのアプローチの事前トレーニング済みモデルは、現在、研究専用ライセンスで利用できる。 同社はまた、AI生成音楽の制御を高める新しいモデルであるJASCOを発表した。主にテキスト入力を使用していた以前のモデルとは異なり、JASCOはコード、ビート、その他の音楽要素を組み込むことができ、より多用途で制御された
クリエーティブ系生成AI
カテゴリー記事一覧

Meta が Chameleon、JASCO、AudioSeal の AI モデルを発表

Metaは、この分野におけるイノベーションと責任ある進歩を促進することを目指して、いくつかのAI研究モデルを世界のAIコミュニティーにリリースすると発表した。共有モデルの中には、画像とテキストの両方を理解して生成できる混合モーダルモデルであるChameleonがある。Chameleonは、テキストと画像の組み合わせを処理できる能力が際立っており、キャプションの生成や新しいシーンの作成などのクリエーティブアプリケーション向けの多目的ツールを提供する。 言語モデルの効率性を高めるために、Metaはマルチトークン予測アプローチを導入した。この方法では、AIモデルをトレーニングして一度に複数の単語を予測する。これは、従来の単語予測とは大きく異なる。コード補完タスクの改善を目的としたこのアプローチの事前トレーニング済みモデルは、現在、研究専用ライセンスで利用できる。 同社はまた、AI生成音楽の制御を高める新しいモデルであるJASCOを発表した。主にテキスト入力を使用していた以前のモデルとは異なり、JASCOはコード、ビート、その他の音楽要素を組み込むことができ、より多用途で制御された

Amazon広告が新しい GenAI 画像ツールを発表

Amazon広告は、顧客の商品発見体験を向上させるライフスタイル画像の作成をブランドが支援するために設計された新しいGenAIツールスイートを導入した。昨年秋にリリースされた画像ジェネレーターは、生成AIを利用して、商品の説明と顧客のフィードバックを分析し、広告に適した画像を作成する。このツールを採用している広告主は、キャンペーンの提出が著しく増加し、総商品売上高が約5%増加しており、より適切なクリエーティブコンテンツの有効性が示されている。 この電子商取引の巨人は、アマゾンのストア内で高品質の商品詳細ページの作成を効率化する追加の生成AI機能を提供することで、販売業者をさらにサポートしている。販売業者は、AIが詳細な商品リストを生成するために使用する自分のウェブサイトへのリンクを提供できるようになった。この革新はPacvueなどのプラットフォームに採用されており、同社の社長であるメリッサ・バーディック氏は、ROIの向上、制作コストの削減、広告主のテストの迅速化など、大きなメリットを認めている。 Amazon広告は、さまざまなフォーマットに適した多用途の広告画像を作成すると

SoundLabs が UMG と連携した MicDrop AI ボーカル プラグインをリリース

アーティストが設立したAIテクノロジー企業SoundLabsは、Universal Music Groupと戦略的パートナーシップを結び、UMGのアーティストに同社の革新的なAIボーカルプラグインMicDropへのアクセスを提供する。このコラボレーションにより、アーティストはパーソナライズされたボーカルモデルを作成し、独自の音声データの所有権と制御を維持しながら、クリエーティブな能力を高めることができる。 同社の最新製品であるMicDropは、今年の夏に発売される予定で、全ての主要なデジタルオーディオ ワークステーションと互換性があるように設計されている。これまでは実現できなかった、音声から音声、スピーチから歌声への変換など、さまざまなボーカル変換を提供することを約束している。このツールは、アーティストに独占的なクリエーティブアプリケーションを提供し、カスタム ボーカルモデルが一般に公開されないようにすることを目的としている。 SoundLabsは、音楽制作とソフトウェア開発で20年以上の経験を持つグラミー賞ノミネートアーティストBTによって共同設立された。BTは、Unfi

Prosci が変更管理のための Kaiya AI を発表

Prosciは、同社の広範な研究と知的財産を活用した、変更管理向けにカスタマイズされた独自の生成AIツールであるKaiyaを発表した。変更担当者とリーダーを支援するために設計されたKaiyaは、効率を高め、変更イニシアチブの影響を拡大することを目指している。このツールは、Prosciの膨大なインサイトライブラリーへのオンデマンド アクセスを提供し、ユーザーが変更プロセスをより迅速にナビゲートできるようにする。 最近の調査によると、変更担当者の大多数は、AIが自身の成功と組織全体の成功を高める上での利点を認識している。ProsciのCEOであるScott McAllisterは、同社の25年にわたる変更管理の知識のリポジトリーがKaiyaを通じてアクセス可能になり、変更の結果を迅速にするための常時オンのAIアシスタントが提供されるようになったことを強調した。Kaiyaは、Prosciの独自のコンテンツを使用して特別に開発された唯一の変更管理AIとして際立っている。 Kaiyaは高度なアシスタントとして機能し、変更管理の課題に対してリアルタイムの専門的なアドバイスを提供する。P
OpenAI/ChatGPT
カテゴリー記事一覧

サピエンス、効率性向上のための AI 保険プラットフォームを発表

サピエンスインターナショナル コーポレーションは、急速に変化する市場に保険会社が適応できるよう支援するために設計された、AIを活用した新しい保険プラットフォームを発表した。クラウドネイティブでさまざまなテクノロジーを統合したサピエンス保険プラットフォームは、デジタル エンゲージメントとデータインテリジェンスを強化することを目的としている。機械学習と生成AIを組み込むことで、このプラットフォームは保険会社の提供内容とプロセスを合理化し、よりスマートなビジネス上の意思決定と自動化の強化を促進する。 同社とマイクロソフトの協力により、プラットフォームへのAIの統合が加速し、保険会社に成長と効率性を高める高度な機能とカスタマイズされたソリューションが提供されるようになった。Sapiens Insurance Platformは包括的な保険プロセスをサポートし、迅速な展開と実装を促進する。これは、保険会社が市場の変化に迅速に対応し、新しい製品やサービスを効果的に導入するために不可欠だ。 Sapiensの社長兼CEOであるRoni Al-Dor氏は、競争力を維持し、顧客の期待に応えるた

JustPaid、iOS ファイナンス向け AI 音声アシスタントを発表

FinTech分野の有力企業JustPaidは、AIを活用した新しい音声アシスタントで金融サービスを強化する計画を発表した。OpenAIと共同で開発されたこの革新的な機能は、iOSデバイスに統合され、ユーザーにシームレスでインタラクティブな財務管理エクスペリエンスを提供する予定だ。 AppleのWWDCに続き、JustPaidは、今後リリースされる音声アシスタントが幅広い財務関連の質問に対応できるようになることを明らかにした。この開発の目的は、ボタンに触れるだけでアクセスできる仮想会計士を利用できる利便性を事業主に提供することだ。 同社は現在、プライバシーとセキュリティーを重視し、24時間いつでも企業の財務情報にアクセスできるiOSアプリケーションを開発している。JustPaidの取り組みは、特に完全な会計チームを維持するためのリソースがない可能性のある中小企業向けのデジタル財務ソリューションに対する需要の高まりに応えるものだ。 JustPaidの共同設立者であるダニエル・キヴァティノス氏とアネリア・グラント氏は、特に会計業界における専門家の不足という現状を踏まえ、A

ウェブタイガーChatGPT動画講座公開

ウェブタイガー(東京)は、生成AI「ChatGPT」をSNS運用に取り入れる初心者向けの動画講座をリリース。基本スキルを効率的に習得できる内容で、専門用語を避けたやさしい解説が特徴だ。 講座は「AI実務能力基礎講座~ChatGPT SNS活用編~」と題し、X(旧Twitter)、YouTubeなどのプラットフォームでの活用法を学べる。詳細はウェブサイトで確認可能。https://www.hello-pc.net/school/course/chatgpt_sns.html 内容は、ChatGPTをSNS運用に生かす方法や、X(旧Twitter)

JTPとソフトバンク生成AI共同開発

JTP(東京都品川区)は、ソフトバンクとの協業を発表。企業向け「生成AIパッケージ」の一部機能を共同開発した。労働人口減少やDX進展に対応し、生成AIの活用を促進する。 同社はAIサービス「Third AI」を通じて、チャットボットや画像検索などを提供。今回の技術提供により、ソフトバンクの法人サービスが強化される。お客様データ連携やプラグイン活用で、業務効率の大幅な向上が期待される。 ソフトバンクの「生成AIパッケージ」は、Azure OpenAI Service環境を利用。セキュアなAI導入を支援する。ソフトバンク執行役員の竹綱洋記は、JTPとの協業によりDX推進が加速するとコメント。 JTPは今後もエンタープライズ市場へのサービス展開を加速。生成AIを活用した新ビジネスモデル構築に注力する。Third
テキスト系生成AI
カテゴリー記事一覧

Meta が Chameleon、JASCO、AudioSeal の AI モデルを発表

Metaは、この分野におけるイノベーションと責任ある進歩を促進することを目指して、いくつかのAI研究モデルを世界のAIコミュニティーにリリースすると発表した。共有モデルの中には、画像とテキストの両方を理解して生成できる混合モーダルモデルであるChameleonがある。Chameleonは、テキストと画像の組み合わせを処理できる能力が際立っており、キャプションの生成や新しいシーンの作成などのクリエーティブアプリケーション向けの多目的ツールを提供する。 言語モデルの効率性を高めるために、Metaはマルチトークン予測アプローチを導入した。この方法では、AIモデルをトレーニングして一度に複数の単語を予測する。これは、従来の単語予測とは大きく異なる。コード補完タスクの改善を目的としたこのアプローチの事前トレーニング済みモデルは、現在、研究専用ライセンスで利用できる。 同社はまた、AI生成音楽の制御を高める新しいモデルであるJASCOを発表した。主にテキスト入力を使用していた以前のモデルとは異なり、JASCOはコード、ビート、その他の音楽要素を組み込むことができ、より多用途で制御された

マイクロソフト、科学研究の発展のための AI ツールを発表

マイクロソフトは、人工知能と量子コンピューティングを通じて科学研究を強化することを目的とした新しいツールを発表した。同社の最新製品である生成化学と加速密度汎関数理論(DFT)は、化学物質の発見と分析のプロセスを大幅に高速化するように設計されており、これらのツールは、化学と材料科学向けにカスタマイズされたプラットフォームであるAzure Quantum Elementsの一部だ。 生成化学により、研究者は膨大なデータセットでトレーニングされたAIモデルを活用して、特定の用途向けの新しい分子を迅速に生成し、評価できる。このイノベーションにより、何世紀にもわたる化学研究がわずか数十年に短縮され、構想から実験室での合成までのより効率的な道筋が提供される。一方、Accelerated DFTは、これまで達成できなかった速度で分子の量子力学的シミュレーションを提供し、既存のDFTコードと比較して桁違いに高速な分析を可能にする。 マイクロソフトの進歩は、新しい分子の迅速な設計を可能にし、さまざまな業界に変革をもたらすだろう。これにより、消費財、医薬品、製造、エネルギーの各分野が大幅に改善

WalkMe、ユーザーインタラクション強化のためのWalkMeXを発表

サンフランシスコを拠点とするWalkMeは、さまざまなアプリケーションやワークフローでユーザーとテクノロジーのインタラクションを強化することを目的とした、新しいデジタルコパイロットであるWalkMeXを発表した。WalkMeXは、手動プロンプトを必要とせずにユーザーに次の最適なアクションを直感的に提供するように設計されており、特定のアプリケーションに限定されることの多い他のAIツールとは一線を画している。 WalkMeのCEOであるDan Adika氏は、企業テクノロジーの相互作用を理解するという同社の10年にわたる専門知識を強調した。WalkMeの特許取得済みAIテクノロジーと高度な言語モデルを統合したWalkMeXは、ユーザーのワークフロー内で直接、パーソナライズされたコンテキスト認識型のサポートを提供する。 新しいWalkMeXプラットフォームは、コンテキスト認識、ウェブアプリ全体にわたるユニバーサルアプリケーション、プロアクティブな支援、さまざまな技術的背景を持つユーザー向けのアクセシビリティーなどの機能を誇る。このプラットフォームは、ユーザーの当面の目標に合わせた

EchoMark、より安全な情報共有を実現するSecureViewを発表

EchoMarkは、組織内での情報共有のセキュリティーを強化することを目的とした新しいソリューション、SecureViewを発表した。SecureViewは、簡単に侵害される可能性のある、eメールの添付ファイルやダウンロードなどの従来の通信方法に内在する脆弱性に対処することを目指している。これらの危険な慣行を排除することで、SecureViewは機密文書の配布のためのより安全なプラットフォームを提供し、許可なく文書をコピー、貼り付け、ダウンロード、転送できないようにする。 同社の最新のイノベーションは、高度なAI技術を採用して各文書に固有のデジタルフィンガープリントを埋め込むもので、ユーザーには見えませんが、情報が漏洩した場合にはソースまで遡って追跡できる。このアプローチは、内部の脅威を阻止し、機密データの受信者の責任を強化するように設計されている。また、SecureViewのシステムは、eメールの添付ファイルを安全なリンクに変換することで添付ファイルの必要性を排除し、不正アクセスや拡散のリスクを軽減する。 EchoMarkのSecureViewには強力な追跡機能と分析機能
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.