最新ニュース

AI人事部の採用業務自動化支援

AI人事部(東京都新宿区)は、採用から従業員管理までの業務を支援するサービスを提供している。候補者のスクリーニングや面接のスケジュール調整を自動化し、迅速な採用を支援することで組織の成長に貢献している。 同社の特設サイト「https://www.listen-tokyo.com/ai-hr」では、AIを用いたスカウト文面の効果測定や、求人票の自動作成などの機能を紹介している。これらのツールは、わずか数分で高品質なコンテンツを生成し、採用活動の効率化を図る。 実際に社内外での試験導入を行った結果、社員の業務負担が軽減され、求職者へのサポートに集中できるようになったという。AIによるスカウト文の自動生成や日程調整の自動化は、迅速かつ効果的なコミュニケーションを実現し、採用プロセスの改善に寄与している。 出典:プレスリリース
クリエーティブ系生成AI
カテゴリー記事一覧

goConfirm、詐欺対策AIツール「ScamSpotter」を発表

オンラインユーザーを悩ませているデジタル脅威の増大に対応して、goConfirmは、消費者が詐欺的な通信を検出できるようにするためのAI搭載ツールScamSpotterを発表した。goConfirmのCEOであるKirk Simpson氏は、オンラインマーケットプレースにおける信頼性と安全性の向上に対する同社の取り組みを強調した。ScamSpotterは、多くのユーザーが巧妙な詐欺の餌食になっているという認識から生まれたもので、この新しいツールは、ユーザーがそのような欺瞞的な戦術を識別して回避できるように設計されている。 goConfirmのScamSpotterは、スクリーンショットをアップロードして即座に分析することで、eメールやテキストの正当性を迅速に評価できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供する。このサービスは、高度なAIテクノロジーを使用して詐欺によく関連するパターンを認識し、ユーザーに即時のフィードバックと教育的な洞察を提供し、今後のオンラインインタラクションにおける意思決定を改善する。 goConfirmチームは、ScamSpotterの継続的な改

Adobe、 AIツールを搭載した強化版Photoshopベータ版を発表

AdobeはMAX London Creativity Conferenceで、Photoshopのアップデート版(ベータ版)を発表した。このアップデートでは、リファレンスイメージの追加により、ジェネレーティブ フィル機能が強化されている。この新しいツールにより、ユーザーはクリエーティブコントロールをさらに強化でき、選択したイメージを使用してジェネレーティブ プロセスをガイドできる。このアップデートは、使い慣れたワークフローに深く統合され、一連の生成AI機能を提供するAdobe Firefly Image 3 Foundation Modelによって推進されている。 イメージの生成や背景の生成などの最新のPhotoshop機能は、クリエーティブプロセスを効率化し、あらゆるスキル レベルのユーザーが自分のビジョンをすばやく実現できるようにすることを目的としている。Photoshopとそのウェブアプリ内でアクセスできるFirefly Image 3

X-Hoppers、英国と米国でAI小売プラットフォームを導入

オハイオ州コロンバス- x-hoppersはベータ版を終了し、AIを活用した小売コミュニケーションプラットフォームを英国および米国市場に導入した。この革新的なソリューションは、ワイヤレス ヘッドセットとスマートコール ポイントを高度なAIテクノロジーと統合し、小売業務と顧客サービスを強化する。 x-hoppersのCEOであるIan Rowan氏は、通信業界で30年の経験があり、この独自のプラットフォームを通じて小売業者を支援するという戦略的ビジョンを持って同社を率いている。Graham Dixon氏はCTOとして入社し、ITと電話技術の専門知識を生かして、小売クライアントの業務効率とセキュリティーに重点を置いた技術のさらなる開発に取り組んでいる。 このプラットフォームは、ChatGPT、ビデオおよび音声認識、CCTV統合によるプロアクティブな盗難検出など、AI機能を備えたデバイスとのシームレスな統合などの機能を誇る。また、安全でパーソナライズされた顧客とのやり取りのための音声フットプリント認識や、実用的な洞察のための分析も提供する。AIアシスタント機能は、新入社員のトレー

Mabl、モバイルアプリテストでプラットフォームを拡大

Mablは、モバイルアプリケーション テスト機能を追加してテスト自動化プラットフォームを拡張した。この機能強化により、モバイルユーザー エクスペリエンスがブランドロイヤルティーに大きく影響する市場における、高品質のソフトウェア配信という重要なニーズに対応できる。このプラットフォームの新機能は、開発者とQAチームの品質保証プロセスを合理化し、迅速なリリースサイクルの要求に対応できるようにすることを目的としている。 同社の最新のイノベーションにより、テストカバレッジと信頼性が最大90%向上し、テスト作成時間がわずか2分に短縮される。ローコードとAIテクノロジーに基づいて構築されたMablのプラットフォームは、さまざまな組織の役割がQAプロセスに参加できるようにし、品質の文化を広く育む。 大手写真管理プラットフォームのSmugMugは、既にMablのモバイルテスト ソリューションの恩恵を受けている。SmugMugのシニアエンジニアリング マネージャーであるJanet Bracewell氏は、Mablの応答性と、モバイルUIテストを大幅に加速したこと(現在では少なくとも10倍高速化
OpenAI/ChatGPT
カテゴリー記事一覧

MRI新技術で問合せ効率化

MRI(東京都千代田区)は、ChatGPTをはじめとする大規模言語モデルを活用した新たな技術を開発した。これにより、ヘルプデスクやコールセンターでの問い合わせ対応が効率化される見込みだ。同社は、誤情報を防ぎつつ迅速に回答する「FAQ要約回答」と、より詳細な回答を生成する「FAQ自動生成」の2つの技術を開発し、特許出願中であることを明らかにした。 これらの技術を組み合わせることで、即時に有用な情報を提供し、必要に応じて詳細な二次回答を提示することが可能になる。MRIによると、検証結果では、既存のFAQを参照して回答可能な問い合わせには80%以上、より複雑な問い合わせに対しても約60%で実用レベルの回答が得られたという。これにより、顧客対応の品質とスピードの向上が期待される。 一方、PKUTECH(本社所在地不明)も「AI/

ギブリーAI Lab設立・企業支援強化

ギブリー(東京都渋谷区)は、生成AIを活用した開発プロジェクトを支援する「Givery AI Lab」を設立した。法人向けChatGPTプラットフォーム「法人GAI」などの開発実績とAI人材コミュニティーを基に、AIサービスの全バリューチェーンをサポートする。 ChatGPTの登場後、生成AIの活用に関心が高まるも、実用化には至らない企業が多い。日本では生成AIのビジネスインパクトを限定的と見る企業が多く、活用が遅れている。Givery AI Labは、カスタマイズ開発を通じて生成AIの価値創造を実現し、企業のAI活用を加速する。 Givery AI Labは、上場企業のCTO経験者やGAFAM出身者などの開発者チームと、AI技術者・エンジニアのコミュニティーを基盤にする。現場のニーズに合わせた技術開発を「AIエンジニアリング」

Hakuhodo DY ONE AIマーケティング支援強化

Hakuhodo DY ONE(東京都渋谷区)は、MSIの一環としてデジタルマーケティングの高度化に取り組む。ChatGPTを含むLLMの活用で、AIサービスの提供体制を強化。自社プラットフォームにAI分析機能を搭載し、生成AIを用いたコンサルティングサービスも展開。 同社はGoogle Cloudの生成AIソリューション支援パートナーに認定。これにより、導入支援やコンサルティング、トレーニングなどのサービスをクライアントに提供開始。業務効率化やマーケティング施策の支援が可能になる。 Hakuhodo DY ONEはGoogle Marketing PlatformのCertified Partnerとしても実績を持つ。今後はGoogle Cloudの生成AIソリューションを組み合わせ、マーケティングサービスの能力拡大を図る。MSIを通じたデジタルトランスフォーメーション支援も強化していく。 MSIは、博報堂CRM&システムコンサルティング局やHakuhodo DY

ACCESSと新生フィナンシャルAI導入展開

ACCESS(東京都千代田区)は、社内での生成AI技術の利活用を積極的に進めている。法人向けサービス「Linkit®(リンキット)」の業務マニュアルシステムにOpenAIの技術を導入し、サービスの向上を図っている。開発と運用を通じて、学習データの整備やチューニング、情報漏洩防止のための運用ガイドラインのノウハウを蓄積している。 新生フィナンシャル(東京)も、SBIグループの一員として、生成AI技術の導入による社内業務の効率化を目指している。カスタマーサポートセンターのマニュアルや社内規定の検索をAIチャットボットで行うことで、業務効率化を図るプロトタイプを構築し、2024年1月から2月にかけて検証を実施した。 ACCESSは今回の検証結果を踏まえ、生成AI技術を活用したサービス開発をさらに進める方針だ。既に「Linkit」をフロントエンドのチャット画面として組み込むことで、堅牢なプロトタイプの構築に成功しており、今後の展開が期待される。 出典:プレスリリース
テキスト系生成AI
カテゴリー記事一覧

WhyLabs、リアルタイム管理のための AI コントロール センターを発表

WhyLabsは、チームにAIアプリケーションのリアルタイム管理を提供する新しいAI運用プラットフォーム、AIコントロールセンターを導入した。このプラットフォームは、最新世代のAIテクノロジーがもたらす複雑なセキュリティーと信頼性の課題に対応するために作成された。ユーザープロンプトやアプリケーション メタデータなど、さまざまなソースからリアルタイムのデータ評価を提供して潜在的な脅威を特定することで、AIシステムの安全性と信頼性を高めることを目指している。 同社のAIコントロールプラットフォームは、脅威を即座に検出して防止するように設計されており、応答時間は300ミリ秒未満、精度は93%だ。WhyLabsのCEOであるAlessya Visnjic氏は、特に生成AIイニシアチブがプロトタイプから実稼働段階に移行する中で、AIアプリケーションにおけるプロアクティブなセキュリティー対策の重要性を強調した。 YoodliやGlassdoorなどのクライアントは、新しいプラットフォームへの支持を表明している。Generative生成AIスピーチコーチングアプリケーションを開発している

goConfirm、詐欺対策AIツール「ScamSpotter」を発表

オンラインユーザーを悩ませているデジタル脅威の増大に対応して、goConfirmは、消費者が詐欺的な通信を検出できるようにするためのAI搭載ツールScamSpotterを発表した。goConfirmのCEOであるKirk Simpson氏は、オンラインマーケットプレースにおける信頼性と安全性の向上に対する同社の取り組みを強調した。ScamSpotterは、多くのユーザーが巧妙な詐欺の餌食になっているという認識から生まれたもので、この新しいツールは、ユーザーがそのような欺瞞的な戦術を識別して回避できるように設計されている。 goConfirmのScamSpotterは、スクリーンショットをアップロードして即座に分析することで、eメールやテキストの正当性を迅速に評価できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供する。このサービスは、高度なAIテクノロジーを使用して詐欺によく関連するパターンを認識し、ユーザーに即時のフィードバックと教育的な洞察を提供し、今後のオンラインインタラクションにおける意思決定を改善する。 goConfirmチームは、ScamSpotterの継続的な改

Bigglz がライセンスExpoで AI キャラクター IP を展示

近々開催されるラスベガスライセンシングExpoでは、韓国企業のBigglzが、AIテクノロジー製品とともに自社のキャラクターIPを展示する予定だ。エキスポの参加者は、心理カウンセリングチャットボット、自動化されたソーシャル メディアインタラクション、会話の内容に反応するダイナミックなモーション エフェクトなど、さまざまなAI駆動型機能を体験できる。 Bigglzは、ユーザー層の大半を占める10代の若者のメンタルケアシミュレーションとして機能する仮想ペット育成アプリケーションを開発した。同社は、AIエージェントをさらに開発し、専用システムを確立するために、韓国政府から100万ドルの投資を受けている。この展示会は、Bigglzが世界市場への進出を目指し、IPキャラクターとAI技術を宣伝するためのプラットフォームとして機能する。 BigglzのCEOであるHeejung Lee氏は、ユーザーと仮想キャラクターの間に自然なつながりを作り出すことの重要性を強調した。同社は、専用エンジンや迅速なエンジニアリングなど、独自の技術を採用することで、パーソナライゼーションとセキュリティーの課

AtScale、ユニバーサル セマンティック ハブのアップデートを発表

AtScaleは、毎年開催されるセマンティックレイヤー サミットで、セマンティックレイヤー ソリューションの重要なアップデートを発表した。同社は、企業内のコラボレーションと俊敏性の向上に注力し、企業がデータからより多くの価値を引き出し、変化の激しいビジネス環境において競争力を維持できるよう支援することを目指している。 AtScaleのプラットフォームの最新バージョンでは、全てのAIおよびBIツールをサポートするように設計されたユニバーサルセマンティック ハブが導入され、さまざまな組織規模やセクターにわたる柔軟性が促進される。コラボレーションのための強化された機能には、発見可能性と再利用性を高める分析対応セマンティックオブジェクトの改善が含まれる。さらに、AtScaleは、開発者Community Edition、新しいセマンティックモデリング言語、およびGitHub上の事前構築済みモデルのリポジトリーを開始することで、コミュニティーを育成している。 AtScaleの創設者兼CTOであるDave Mariani氏は、ガバナンスを備えたアクセス可能なセルフサービス分析を提供する
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.