Adobeは、AIを通じてエクスペリエンス担当者の効率を高めるために設計された新しいツール、Adobe Experience Platform (AEP) AI Assistantを発表した。Adobe SummitでプレビューされたAI Assistantは現在一般提供されており、データのより深い理解を促進し、ワークフローを合理化することを目的としている。これは、Real-Time Customer Data Platform、Adobe Journey Optimizer、Customer Journey AnalyticsなどのAdobe Experience Cloudアプリケーションに統合されている。AI Assistantは、技術的な質問に答え、タスクを自動化し、結果をシミュレートし、新しいオーディエンスとジャーニーを生成できる。

AEP AIアシスタントは、技術的なバックグラウンドに関係なく、ユーザーにさまざまな運用機能を提供する。製品関連の質問にすばやく回答し、トラブルシューティングを支援し、複雑なSQLクエリーを必要とせずに運用上の洞察を提供できる。この機能により、問題解決に費やす時間が短縮され、サポートチケットを開く必要がなくなることが期待される。さらに、AIアシスタントにより、ブランドはAdobe Fireflyを通じてマーケティングアセットを生成し、eメール、ウェブページ、クリエーティブブリーフなどのコンテンツ制作を自動化できるようになる。

AdobeのAEP AI Assistantは、マーケティングチームが取り組みを最適化できるように、予測的な洞察と推奨事項を導入する予定だ。今後提供される機能により、ユーザーは結果をシミュレートし、予測的な洞察にすばやくアクセスし、カスタム プロモーションオファーなどの次善策に関する推奨事項を受け取ることができる。これらの機能は、意思決定を強化し、コンバージョン率を向上させるように設計されている。ゼネラル モーターズなどのブランドは、既にAEP AI Assistantを利用して、生産性を高め、組織内でのアクセスを民主化している。

ソース:Adobe Press Releases