著名な広告ソリューションプロバイダーが最近実施した調査では、広告が本物に見えれば、消費者のほぼ半数が広告がAIで作成されたか従来の方法で作成されたかに関心がないことが分かった。米国のCTV所有者500人以上が参加したこの調査では、AI生成コンテンツに対する消費者の態度の変化が浮き彫りになり、かなりの割合の消費者が自分たちをターゲットにしたパーソナライズされた広告を認識している。

同社のCMOであるトニー・マーロウ氏は、特に今後の米国選挙などの重要なイベントの状況では、消費者の感受性を理解することの重要性を強調した。生成AI業界が繁栄し、1,400社を超えるスタートアップが活動していることから、ブランドはパーソナライズされた広告キャンペーンを簡単に開始できるようになった。しかし、これらのキャンペーンの効果は、消費者がこのような革新的な広告手法をどう認識するかにかかっている。

この調査では、パーソナライズされた広告の認識における世代間ギャップも明らかになり、高齢の消費者はパーソナライズされた広告に気付きにくいことが明らかになった。さらに、相当数の消費者がAIをブランドの革新的精神の指標とみなしている一方で、特に政治広告においては規制措置を求める声が強くなっている。AIによるパーソナライズ広告への熱意にもかかわらず、回答者の80%は特定の状況では規制が必要であると考えている。

この広告ソリューション企業は、AIを活用してグローバルプラットフォームでの消費者行動を分析し、状況に即した広告の配信とコンテンツの発見を可能にしている。場所や天気などのリアルタイム データに基づいてクリエーティブコンテンツを調整する機能により、同社は広告の関連性と有効性を確保している。今後、同社はAI駆動型レポートツールを導入して広告主に詳細なインサイトとオンデマンド レポートを提供し、CTV広告の可能性をさらに高める予定だ。

出典:プレスリリース