AiGlow(東京都中央区)は、企業向けにカスタマイズされたChatGPT環境のファインチューニングサービス「WAVE」の提供を開始した。このサービスは、AI技術の進化に伴い、業務効率化の可能性を秘めたChatGPTを企業の特性に合わせて最適化するものだ。

同社によると、ChatGPTは広範な業務に利用できるが、特定の情報に基づく知識は限られている。そこで、企業が保有するデータを用いてChatGPTを再学習させ、業務に特化したファインチューニングを施すことで、品質と効率を向上させるという。

サービス内容としては、企業ごとにカスタマイズされたChatGPTの開発を支援し、企業データを追加学習させることで、さまざまな業界やニーズに対応する環境を提供する。また、チューニングされたChatGPTは、SlackやTeamsなどの外部システムとの連携も可能で、企業のデジタル化を促進する。

例えば、コールセンター業務にWAVEを導入すると、企業独自の情報を学習させたChatGPTが、業界特化型のチャットボットとして機能し、顧客からの質問に対して企業固有の回答を自動で提供する。これにより、オペレーターの負担軽減と応答品質の向上が期待される。

AiGlowは、企業の課題解決や業務効率化を目指し、データ管理や技術サポートなどのサービスも提供している。詳細は同社のウェブサイトまたはメールで問い合わせが可能だ。同社は、デジタルコンシェルジュソリューションを含むワンストップのコンサルティングサービスを展開している。

出典:プレスリリース