Alation Inc.は、Snowflake Data Cloud Summit 2024で、Snowflake Horizo​​nとの統合強化を発表した。このコラボレーションは、データ品質の向上と、企業向けのAI対応データの提供を目指している。AlationのOpen Data Quality FrameworkがSnowflake Horizo​​nをサポートするようになり、組織はデータ品質の問題に積極的に取り組むことができる。これは、企業全体のガバナンス、AIモデル開発、信頼できる意思決定にとって非常に重要だ。

Forresterの調査によると、生成AIは企業の70%で広く使用されており、さらに20%が導入を検討している。しかし、データ品質は依然として大きな障壁となっている。AlationとSnowflakeの提携は、データ品質機能とポリシーを統合し、データインフラストラクチャーを最新化し、AIイニシアチブを加速するソリューションを提供することで、この問題に対処する。組織は、信頼性の高いAIモデルを作成するために不可欠なデータ品質を統一的に把握できるようになった。

AMDのSujay Mimani氏とSnowflakeのTarik Dwiek氏は、どちらもデータの信頼性の重要性を強調した。Alationのプラットフォームは、データの検索と検出を容易にし、データ品質プラットフォームとのガバナンスと統合を提供する。これにより、ユーザーはデータにアクセスして信頼することができ、戦略的な意思決定のための信頼性とコンプライアンスを確保できる。このプラットフォームの機能は、データ、AI/MLチーム、意思決定者がデータの整合性を維持できるようにサポートするように設計されている。

Alationのデータインテリジェンス プラットフォームは、Snowflakeのエコシステム内で、プロアクティブなデータ品質監視、合理化されたデータ検出、統合データガバナンス、自動化されたコンプライアンス監視を提供する。これらの機能により、組織はデータの健全性を監視し、信頼できるデータに効率的にアクセスし、規制基準に準拠したデータを管理し、EU一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA) 、HIPAAなどの規制へのコンプライアンスを自動化できる。AlationとSnowflakeのパートナーシップにより、企業は重要な意思決定やAI戦略に自信を持ってデータを活用し、データ主導の文化を育むことができる。

出典:プレスリリース