Amazon広告は、顧客の商品発見体験を向上させるライフスタイル画像の作成をブランドが支援するために設計された新しいGenAIツールスイートを導入した。昨年秋にリリースされた画像ジェネレーターは、生成AIを利用して、商品の説明と顧客のフィードバックを分析し、広告に適した画像を作成する。このツールを採用している広告主は、キャンペーンの提出が著しく増加し、総商品売上高が約5%増加しており、より適切なクリエーティブコンテンツの有効性が示されている。

この電子商取引の巨人は、アマゾンのストア内で高品質の商品詳細ページの作成を効率化する追加の生成AI機能を提供することで、販売業者をさらにサポートしている。販売業者は、AIが詳細な商品リストを生成するために使用する自分のウェブサイトへのリンクを提供できるようになった。この革新はPacvueなどのプラットフォームに採用されており、同社の社長であるメリッサ・バーディック氏は、ROIの向上、制作コストの削減、広告主のテストの迅速化など、大きなメリットを認めている。

Amazon広告は、さまざまなフォーマットに適した多用途の広告画像を作成するという課題にも取り組んでいる。Image Generatorに新しく導入されたアスペクト比機能により、ブランドはさまざまな寸法と解像度の画像を簡単に作成でき、さまざまなオンライン環境で鮮明さと魅力を確保できる。この開発は、標準広告のスケーリングの容易さとネイティブ広告のパフォーマンス最適化のバランスをとることを目的としている。

今後、Amazon広告は、クリエーティブの障害をさらに排除し、キャンペーンの最適化を改善するために、生成AI機能を拡張する予定だ。今後の機能により、広告をあらゆるサイズ、形状、形式に変換できるようになり、元のコンテンツの質も向上する。Amazon広告の製品およびテクノロジー担当副社長であるJay Richmanは、広告の創造性と関連性の領域に大きな変化が起こり、業界にとって刺激的な時代が到来すると考えている。

ソース:Amazon News