AMD は、欧州最大の民間 AI ラボである Silo AI を現金約 6 億 6,500 万ドルで買収する正式契約を締結しました。この買収により、AMD の AI 機能、特にコンピューティング プラットフォーム上の AI モデルとソフトウェア ソリューションの開発と展開が強化されます。Silo AI の専門知識はさまざまな業界に及び、Allianz や Philips などの著名なクライアントを抱えており、買収は 2024 年後半に完了する予定です。

AMD傘下のSilo AIの統合は、Silo AIのCEO兼共同創設者であるピーター・サーリン氏が主導し、AMDの上級副社長であるヴァムシ・ボッパナ氏に報告する。ボッパナ氏は、企業向けAIソリューションの重要性と、Silo AIのチームとその経験がAMDの戦略にもたらす価値を強調した。AMDプラットフォーム上でオープンソースの多言語大規模言語モデル(LLM)を作成するSilo AIの熟練度は特に注目に値する。

業界をリードする AI 企業を設立するという Silo AI の使命は、オープン スタンダードに基づくグローバル AI エコシステムを促進するという AMD の戦略と一致しています。この買収は、AI ソリューションの影響を拡大し、大規模な AI 導入の課題に対処するための戦略的な動きと見られています。Silo AI の AI 製品開発と顧客価値提供の成功の歴史は、AMD との提携を通じてさらに強化されることが期待されます。

AMD の AI への投資は Silo AI の買収にとどまらず、過去 1 年間で 12 社の AI 企業に 1 億 2,500 万ドル以上を投資しました。AI テクノロジーの進歩に対する同社の取り組みは、Mipsology およびNod.ai のこれまでの買収にも反映されています。この一貫した投資戦略は、パートナーをサポートし、コンピューティング プラットフォームにおける AMD のリーダーシップを強化することを目的としています。

出典:プレスリリース