Animechain.ai は最近、AI とブロックチェーン技術の統合を通じてアニメ制作を強化する革新的なアプローチを概説したホワイトペーパーを発表しました。このプロジェクトは、コンテンツ クリエイターの権利と創造性を強化し、彼らが作品に対して適切な評価と報酬を受けられるようにすることを目的としています。ホワイトペーパーでは、クリエイターを第一に考えた権利管理システム、アニメに特化した高品質の生成 AI、データ セキュリティを維持しながらトランザクション処理を迅速化するように設計された独自のレイヤー 2 ソリューションを含む包括的な戦略について詳しく説明しています。

IVS Crypto 2024 KYOTO でビジョンを披露する予定の Animechain.ai は、プラチナ スポンサーとしてステージに登場します。日本で最も有名なスタートアップ イベントの 1 つであるこのカンファレンスは、同社が取り組みとホワイトペーパーの要点を発表するプラットフォームとして機能します。プレゼンテーションはメイン ステージの基調講演セッションで予定されており、出席者はアニメ制作とクリエイターの権利をサポートする同社の取り組みについて理解を深める機会が得られます。

Animechain.ai が発表したホワイトペーパーでは、クリエイターの権利を管理するための AIRA (AI Rights Asset) トークン、スマート コントラクトを使用した自動報酬分配システム、派生作品による新しい収益源の創出など、いくつかの重要なイノベーションが強調されています。さらに、この文書では、高解像度のアニメ画像ジェネレーターとリアルタイム アニメーション生成モデルの開発、およびテキスト、オーディオ、画像を組み合わせて制作をサポートするマルチモーダル生成システムについても強調されています。

Animechain.ai の戦略はテクノロジーにとどまらず、クリエイター、スタジオ、AI 開発者、ファン、権利保有者で構成される多様なエコシステムを育成する計画です。ホワイトペーパーで提案されているガバナンス モデルは、トークン保有者間の民主的な意思決定と、継続的な技術進歩と市場の成長を促進するインセンティブ システムを促進します。この包括的なアプローチは、クリエイターに芸術的ビジョンを実現するために必要なツールとサポートを提供することで、アニメ業界を強化することを目的としています。

出典:プレスリリース