Appleは、iPhone、iPad、Macデバイスの機能を拡張するように設計された新しいパーソナルインテリジェンス システム、Apple Intelligenceを発表した。Appleシステムは、生成モデルをユーザーの個人的なコンテキストと統合して、関連性のある便利な支援を提供する。Apple Intelligenceは最新のオペレーティングシステム、iOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaに組み込まれており、Appleシリコンを活用して言語と画像を処理し、タスクを効率化し、プライベートクラウド コンピューティングを通じてプライバシーを維持する。

AppleのCEO、ティム・クック氏は、Apple Intelligenceの変革の可能性に興奮を表明した。同氏は、プライバシーとセキュリティーを確保しながらパーソナライズされた支援を提供できるシステムの能力を強調した。クック氏は、Appleのエコシステム独自のAI機能からユーザーが大きな恩恵を受けると予想している。

Apple Intelligenceでは、システム全体に渡るライティングツールが導入され、ユーザーはメール、メモ、Pages、さらにはサードパーティー製アプリなど、さまざまなアプリケーションでテキストを書き直し、校正し、要約できる。このツールは、トーン調整、文法チェック、簡潔な要約を提供することで、ユーザーの文章に対する自信を高めることを目的としている。さらに、メールは、優先メッセージとスマートリプライ機能によって強化され、eメール管理を効率化する。

このシステムには、Image Playgroundによる新しい画像作成機能も導入されており、ユーザーはメッセージなどのアプリ内で直接、さまざまなスタイルの画像をすばやく生成できる。さらに、ユーザーはメモや電話アプリで音声を録音、転記、要約できるようになり、通話から重要な情報を思い出すのがさらに簡単になった。

Apple Intelligenceは、米国英語で今秋ベータ版が利用可能になる予定で、翌年にはより広範囲にリリースされ、追加の言語も提供される予定だ。このサービスは無料で、最新のオペレーティングシステムを搭載した最新のiPhone、iPad、Macモデルと互換性がある。詳細については、Appleの公式ウェブサイトをご覧ください。

ソース:Apple Press Releases