AutifyはシリーズBの資金調達ラウンドで1,300万ドルの調達に成功し、ソフトウェアの品質保証を強化するために設計された革新的なAIエージェントであるZenesを導入した。Zenesは自律的に動作し、製品要件ドキュメントを分析してテストケースを作成および維持することで、開発者とQAチームのテストプロセスを合理化する。

この資金調達ラウンドは、Globis Capital PartnersとLG Technology Venturesが主導し、Autifyの韓国市場への進出を推進し、LG CNSとのパートナーシップを強化することを目的としている。Autifyの成長戦略には、米国、日本、そして韓国などの主要市場への重点が含まれている。WiL、Salesforce Ventures、Archetype Ventures、Uncorrelated Venturesなど、同社の既存の投資家も資金提供に貢献した。

開発者と品質保証チームの効率を高めることで知られるAutifyのプラットフォームは、コードベースのテスト自動化を含むようにその範囲を広げようとしている。同社の目標は、Zenesを先頭に、生成AIを搭載した包括的な品質エンジニアリングプラットフォームを作成することだ。ソフトウェア品質エンジニアリングの向上に対するAutifyの取り組みは、Zenesを自社のQA​​プロセスに適用したことに明らかであり、その結果、テストケースの作成に必要な時間が大幅に短縮された。

Zenesは、さまざまな形式の製品要件ドキュメントからテストケースを生成することで、QAプロセスを簡素化する。ユーザーはこれらのケースを改良することで、Zenesがその後生成する自動テストコードの精度を向上させることができる。AutifyのCEOである近澤亮氏は、AIがソフトウェア開発の生産性を高めるだけでなく、人間の創造性を高める可能性も強調している。Zenesのリリースにより、AutifyはAIの使用を通じてソフトウェア開発と品質保証の状況を再定義することになる。関心のある方は、Zenesの詳細を確認し、プラットフォームにアクセスするための順番待ちリストに登録してください。

出典:プレスリリース