AVILEN(東京都中央区)は、自社のChatGPT活用プラットフォーム「ChatMee」をアップデートし、OpenAIの「GPT-4o」に対応したと発表。このモデルはテキストや音声、画像、動画を組み合わせたインプットに対応し、従来のモデルよりも迅速かつ高精度な回答を提供する。

同社によると、今回のアップデートにより、アップロードしたファイルを参照するファイルプロンプト機能が大きく向上する見込み。GPT-4oの読み取り機能強化により、より正確な回答が可能になるという。さらに、独自開発の専用UIを通じて、ドキュメントの翻訳・要約・QAをシームレスに行えるようになる。

将来的には、GPT-4oに適した新しい料金プランも導入される予定だ。AVILENは、これらのアップデートを通じて、ユーザーにとってより使いやすいサービスを提供する方針を示している。

出典:プレスリリース