Amazon Web Services (AWS)は、世界中のスタートアップ企業による生成AIアプリケーションの発展を支援するため、2億3,000万ドルの多額の投資を発表した。この取り組みは、初期段階の企業に、AWSクレジット、メンターシップ、教育機会などの重要なリソースを提供し、人工知能と機械学習の能力を強化することを目的としている。この資金は、スタートアップ企業が生成AIテクノロジーで複雑な問題に取り組むのを支援するAWS生成AI Acceleratorプログラムを大幅に拡大する。

AWS生成AI Acceleratorプログラムでは、ヘルスケア、金融、エンターテインメントなどさまざまな分野からさらに80社のスタートアップ企業を招き、10週間の総合コースに参加していただく予定だ。この期間中、スタートアップ企業は機械学習のパフォーマンスの向上、テクノロジースタックの最適化、効果的な市場戦略の開発に関する指導を受ける。各スタートアップ企業は、最大100万ドルのAWSクレジットと、業界の専門家と交流し、プログラムのプレゼンティングパートナーであるNVIDIAが提供する最先端のテクノロジーと技術セッションを活用する機会を得られる。

AWS生成AI Acceleratorの第2期生への申し込みが現在受付中で、締め切りは7月19日です。選ばれたスタートアップは9月10日に発表され、10月1日にAmazonのシアトルキャンパスでプログラムが開始される。プログラムの集大成として、参加者はラスベガスで開催されるre:Invent 2024イベントで、潜在的な投資家や業界リーダーにGenerative AIソリューションを発表する。

これまでAWS生成AI Acceleratorプログラムに参加したスタートアップ企業は、コストの削減や開発速度の加速など、大きなメリットを報告している。例えば、Leonardo.AIは推論コストが60%削減され、言語モデルの推論速度が35%向上した。同様に、Vevo Therapeuticsは、創薬のためのAIモデルトレーニングの拡張におけるAWSのインフラストラクチャーと専門知識の価値を強調した。これらの証言は、生成AIスタートアップコミュニティー内でのイノベーションと成長を促進するプログラムの有効性を反映している。

ソース:Amazon Press release archive_AI