医学情報科学会で、バイエルとRad AIは、放射線科サービスの向上を目的とした提携を発表した。Rad AIの放射線科業務向け高度なAIソリューションは、バイエルのCalantic™ デジタルソリューションのユーザーが利用できるようになる。このコラボレーションは、AI駆動の患者フォローアップや自動印象生成などのRad AIのテクノロジーをバイエルのデジタルプラットフォームに統合することで、放射線科医の効率性を向上させることを目指している。

この提携は、医療情報のかなりの部分を占める画像データの増加に対応する。作業量の増加とリソースの制限に直面している放射線科医は、Rad AIとバイエルの統合されたサービスから恩恵を受けることが期待されている。Rad AIの運用アプリケーションをバイエルのスケーラブルな展開プラットフォームに統合することで、放射線科業務が合理化され、AI投資の価値の実証がサポートされる。

Rad AIのツールスイート(Rad AI ReportingやRad AI Omni Impressionsなど)は、放射線科レポートの作成を迅速化し、各放射線科医の好みに合わせて印象をカスタマイズするように設計されている。さらに、Rad AI Continuityは、偶発的な発見に対するフォローアップを自動化し、患者ケアを強化し、医療システムの収益を増やすことを目指している。クラウドホスト型のベンダー中立スイートであるBayerのCalantic™ Digital Solutionsプラットフォームは、AI対応の臨床および運用アプリケーションで放射線科医をサポートし、ワークフローと患者ケアの改善を促進する。

両社の幹部は、医療におけるテクノロジーの進歩への取り組みを表明している。Rad AIのDoktor Gurson氏は、これらの高度なソリューションをより広く利用できるようにすることの重要性を強調し、BayerのRich Dewit氏は、AIが明確な投資収益をもたらし、医療提供者の間でより大きな信頼と採用を促進する可能性を強調した。この提携により、放射線レポートが最適化され、患者と医療システムにメリットがもたらされるだろう。

出典:プレスリリース