ビズリーチ(東京都渋谷区)は、社内の異動・登用を効率化する「社内版ビズリーチ」を2024年8月に提供開始する。AIを活用し、社内ポジションと社員のスキル・経験を照らし合わせることで、最適な人材配置を実現するシステムだ。これにより、社員のキャリア選択肢を明確にし、離職防止やパフォーマンス向上に貢献する。

ビズリーチが行った調査によると、異動によるモチベーション低下や適任者探しの困難さが課題とされている。社内版ビズリーチは、これらの問題を解決するため、社内レジュメ自動生成やタレント検索などの機能を提供する。企業はこれらの機能を用いて、社員の能力を正確に把握し、適切な人材を配置することが可能になる。

また、ビズリーチ WorkTech研究所の調査では、退職者増加の背景にキャリアの将来性に対する不安があることが明らかになった。社内版ビズリーチは、社員のキャリアパスを可視化し、社内での成長機会を提供することで、これらの懸念を軽減する。

社内版ビズリーチは、ポジション管理や社内公募などの機能を備え、企業の人事・採用責任者と共同で開発された。将来的には、外部の転職市場とも連携し、社内外からの人材登用をシームレスに行えるようになることを目指している。詳細は公式サイト(https://hrmos.co/landing/hr/06_biz.html)で確認できる。

出典:プレスリリース