Borderless AIは最近、Cohereと提携して、HR部門にカスタマイズされたAIエージェントを導入した。このコラボレーションは、大規模言語モデル(LLM)のコストが投資家にとって大きな懸念事項となっている時期に行われた。両社は、確固としたビジネスモデルと顧客基盤を持つ確立された業界にAIを統合することで、AIソリューションに対する明らかな需要を満たすことを目指している。

かなりの年間経常収益を達成したDeelやRemote.comなどの企業の急成長は、雇用主レコード(EOR)とグローバル給与計算の分野における大きな可能性を浮き彫りにしている。Borderless AIは、オンボーディングや給与管理を含むグローバルHRプロセスの複雑さに対処するためにAIを初めて採用することで、この分野で先駆者となっている。

複数国での給与計算ソリューション市場は2030年までに105億ドル近くに達すると予測されているが、この拡大する分野に対応するAI主導のソリューションが著しく不足している。カナダに拠点を置くBorderless AIとCohereは、カナダの雇用契約のためのAIエージェントやAIを活用したリアルタイムの支払いおよび財務機能など、革新的なAIサービスを導入することでこのギャップに対処している。

AIエージェントの導入はさまざまな業界に変革をもたらしており、Borderless AIは、グローバルな労働力の管理においてHRチームが直面する複雑な課題に取り組むことで、HR領域におけるこの変化をリードしている。Cohereとの提携により、Borderless AIのAIエージェントであるAlberniは、Cohereの高度なエンタープライズAIモデルとテクノロジーを活用して、雇用文書の作成や労働法に関する洞察の提供などの複雑なタスクを支援できる。

出典:プレスリリース