Captionsは、ソーシャルメディア プラットフォームで話す動画を作成するための革新的なAI搭載アバターであ​​るAI Creatorを発表した。新しくリリースされた機能により、ユーザーはカメラの前に立たなくてもコンテンツを制作でき、カメラアングル、照明、衣装など、一連のカスタマイズ オプションが提供される。共同創設者兼CEOのGaurav Misra氏は、カメラの前に立つことを好まない人のために、動画によるストーリーテリングを可能にするという同社の取り組みを強調した。

AI Creatorは、ショートフォームの動画コンテンツの成功要素を反映した、ソーシャル メディア向けにカスタマイズされたさまざまなアバターを誇っている。Captions Maxに加入しているユーザーは、この最初のアバターコレクションにアクセスできる。ユーザーからのフィードバックに応じて、選択範囲を拡大し、カスタマイズ機能を強化する予定だ。このツールは現在28の言語をサポートしており、世界中のユーザーに対応している。

Captionsは、生成AIツールスイートをさらに拡張し、AI Creator Adsもリリースした。このデスクトップおよびウェブ機能により、簡単な製品リンクを使用して、話すヘッドスタイルの広告をすばやく作成できる。これには、ユーザーが作成したコンテンツを模倣したアバターが含まれており、AIクリエイタープログラムを通じてコミュニティー クリエイターを組み込むことで、コンテンツクリエイターがアバターになって創作権を維持しながら収入を得る機会が提供される。

出典:プレスリリース