CASTは、新しいAI搭載チャットボットと高度な視覚化ツールを備えたCAST Imagingの強化バージョンを発表した。これらのアップデートは、複雑なソフトウェアシステムの分析とドキュメント化を簡素化することを目的としている。CAST Imaging Assistantとして知られるgenAIチャットボットは、自然言語のクエリーにテキストベースの回答で応答し、それをグラフィカルに表示することもできる。この追加機能は、アプリケーション構造を詳しく調べるユーザーにとって、よりユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを提供するように設計されている。

同社はまた、エンドツーエンドのトランザクションのコンポーネントを明確にする機能であるトランザクション可視化も導入した。これにより、ユーザーは、ユーザーインターフェイスからデータ ストレージ層までトランザクションをトレースする包括的なコールグラフを表示できる。CAST Imagingの副社長であるLuc Perard氏によると、これらの進歩により、アプリケーションに対するより迅速かつ詳細な洞察が得られ、メンテナンスと最新化のプロセスに役立つ。

CAST ImagingはソフトウェアのMRIによく例えられ、アプリケーションの動作を自動的に解読し、そのアーキテクチャーの動的な青写真を作成する。ソースコードとデータ構造をリバース エンジニアリングすることで、複雑なコード関係を明らかにするインタラクティブマップを提供する。このツールは、技術者がソフトウェアを理解するために必要な時間を大幅に短縮し、それによって近代化の取り組みを加速し、生産性を向上させるように設計されている。

最新のCAST Imagingを含むCASTのソフトウェアインテリジェンス製品は、直接購入することも、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどのパートナーを通じて購入することもできる。同社はまた、複数のプロジェクトやチームでCAST Imagingを活用する中央部門向けに柔軟なプランを提供している。詳細については、CASTのウェブサイトをご覧ください。

出典:プレスリリース