Cerence Inc.は最近、AI駆動型チャット統合のCerence Chat Proをフォルクスワーゲングループの欧州車ラインナップに導入すると発表した。これは、CES 2024で初めて公開されたこの技術がドライバーに提供される初めての事例だ。ChatGPTの広範な言語モデルの統合により、フォルクスワーゲンの顧客は、車載音声アシスタントをより魅力的で会話的な方法で操作できるようになった。

Cerence Chat ProをフォルクスワーゲンのIDA音声アシスタントに統合することで、車両のコマンドと制御とクラウドベースのコンテンツへのアクセスを組み合わせることで、車内エクスペリエンスが向上する。この技術は現在5つの言語で動作し、旧モデルや新発売モデルを含むフォルクスワーゲングループの複数のブランドに組み込まれている。このアップデートは、先進技術を広く利用できるようにするというフォルクスワーゲンの取り組みを反映している。

フォルクスワーゲンのカイ・グリュニッツは、先進技術を幅広いユーザーに提供してきた同社の伝統を強調した。フォルクスワーゲンは、ChatGPTを音声アシスタントに組み込むことで、ドライバーに日常的なAIインタラクションを提供し、製品の革新性をアピールすることを目指している。CerenceのCEOであるStefan Ortmanns氏は、フォルクスワーゲングループと提携して、ドライバーに価値ある生成AI機能を提供し、より安全で楽しいドライブを実現できることを誇りに思うと述べた。

米国での発売を含むCerence Chat Proのグローバル展開は、2025年初頭まで継続される予定だ。フォルクスワーゲンは、世界中の顧客の運転体験をさらに向上させる新しい機能と拡張機能を導入する予定だ。この継続的な展開は、移動中のドライバー向けの車載AI機能を強化するための共同作業を強調している。

出典:プレスリリース