Cerence Inc.は、同社の生成AIテクノロジーを統合することで、Audiの車載アシスタントを大幅に強化すると発表した。フォルクスワーゲングループの一員であるAudiは、MIB 3インフォテインメントプラットフォームを搭載した2021年モデルから、同社の車両全体にCerence Chat Proを導入する予定だ。既存および今後の車両に適用されるこのアップデートは、高度なAI機能を提供することで運転体験を向上させることを目的としている。

Audiの自動車業界におけるイノベーションへの取り組みは、車載アシスタントをCerenceのテクノロジーでアップグレードするという決定に表れている。Audiのインテリア、インフォテインメント、コネクティビティ担当副社長であるMarcus Keith氏は、優れた車内ユーザーエクスペリエンスを提供することの重要性を強調した。Cerenceとの提携により、Audiのドライバーは、道路での安全性と楽しさを高める洗練されたAI駆動型アプリケーションを利用できるようになる。

Cerenceの業界をリードするAIインタラクションシステムは、自動車メーカーとその顧客に大きなメリットを提供するように設計されている。ChatGPTを組み込んだCerence Chat Pro機能により、車載アシスタントとの自然で魅力的な会話が可能になる。この統合により、ドライバーと乗客に正確で適切な情報を提供し、幅広い質問に対応して、車内エクスペリエンス全体を向上させることが期待されている。

Cerenceの最高売上責任者であるChristian Mentz氏は、AudiおよびVolkswagenグループとの継続的なコラボレーションを誇りに思っている。Cerence Chat Proの導入により、Audiの車載アシスタントに新たなレベルのインテリジェンスがもたらされ、ドライバーの安全性、快適性、生産性が向上することが期待されている。CerenceとそのAIソリューションの詳細については、同社のウェブサイトとLinkedInページをご覧ください。

出典:プレスリリース