Cheggは最近、人工知能(AI)イニシアチブを強化し、教育分野におけるイノベーションを促進するために、クラウドプロバイダーとしてAmazon Web Services (AWS)を選択した。AWSとの5年間のコラボレーションにより、クラウドサービスの高度なAIツールを活用して、世界中の学生の個別学習を向上させることが期待されている。

このオンライン学習プラットフォームは、Amazon Bedrock、Amazon SageMaker、Amazon EC2 Inf2インスタンスなどのAWSのテクノロジーを統合し、学生のニーズに合わせたAI駆動型ソリューションを開発する予定だ。これらの進歩は、学生の学習成果を向上させることを目標に、パーソナライズされた教育体験とAIベースの個別指導リソースを提供することを目指している。CheggとAWSは、学生にカスタマイズされたサポートと学習リソースを提供するように設計された新しいAI生成学習アシスタントも共同開発している。

Cheggのエンジニアリングサービス担当シニア バイスプレジデントであるSteve Evans氏は、AWSとのパートナーシップの拡大に熱意を示し、このクラウドプロバイダーの包括的なインフラストラクチャーとAI機能が、魅力的で力強い学習体験を生み出すCheggの取り組みにとって極めて重要であると述べた。Evans氏は、ダイナミックな教育環境で成功するために必要なツールを学生に提供することの重要性を強調した。

AWSのグローバル教育および米国州および地方政府担当副社長であるKim Majerus氏は、Cheggの教育テクノロジーに対する革新的なアプローチを称賛した。Majerus氏は、学習体験を変革し、世界中の何百万人もの学生にリーチするというCheggの使命を推進するためのAWSの献身を強調した。

出典:プレスリリース