Clouderaは、データ、分析、AIビジネスアプリケーションの開発を強化することを目的とした3つの新しいAI駆動型アシスタントを発表した。これらのツールは、顧客がデータをすぐに実用的な洞察に変換できるように設計されており、企業がAIテクノロジーを導入する際に直面する課題に対処する。この発表は、Clouderaがこれらの機能を紹介するAWSワシントンDCサミットに先立って行われた。

同社の最新製品には、SQL AIアシスタント、Cloudera Data Visualization内のAIチャットボット、Cloudera Copilot for Machine Learningなどがある。これらのアシスタントは、SQLクエリーの作成、ビジネスインサイトの解釈、AIおよびMLモデルの導入などの複雑なタスクを簡素化することを目的としている。Clouderaは、高度な技術と事前トレーニング済みモデルを活用することで、より幅広いユーザーがデータ主導のインサイトにアクセスし、そのメリットを享受できるようにすることを目指している。

業界の専門家は、AIとMLの導入が急増していることを認識しており、大幅なコスト削減と新しいユースケースの実現の可能性を指摘している。ClouderaのAIアシスタントは、開発プロセスを合理化し、信頼できるアプリケーションをより効率的に本番環境に導入することで、企業がこの可能性を活用できるよう支援する。同社のプラットフォーム全体にAIを統合するという取り組みは、最近のOperational AI Platformの買収によってさらに強調されている。

Clouderaは、ワシントンDCで開催されるAWSサミットでAIアシスタントの機能を実演し、参加者に機能強化を体験してもらい、現場の専門家とビジネスにおけるAIの実際的な応用について話し合う機会を提供する。同社は、ユーザーが組織全体でAIを活用できるようにし、導入の障壁を取り除き、具体的なビジネス価値を提供することに引き続き注力している。

出典:プレスリリース