Cognizantは、管理プロセスと患者エクスペリエンスの向上を目指して、Google Cloudの生成AIテクノロジーを活用した新しいヘルスケアソリューション スイートを発表した。Google CloudのVertex AIプラットフォームとGeminiモデルを活用したこれらのソリューションは、ヘルスケア業界の複雑なシステム内で効率性と応答性を高めるように設計されている。このコラボレーションは、ヘルスケアとライフサイエンスにおけるデジタル変革の推進に対して賞を獲得した。

新たにリリースされたヘルスケア大規模言語モデルソリューションは、マーケティング業務、コール センター業務、プロバイダー管理、契約という4つの主要な高コストワークフローを対象としている。これらのAI搭載ツールは、データの取得と分析、コンテンツの作成、契約管理などのタスクを自動化することで、生産性と精度を向上させ、高品質のケアとサービスを維持しながら運用コストとサイクル時間を削減できる可能性がある。

CognizantとGoogle Cloudのパートナーシップは、ヘルスケアクライアントをAI主導のイノベーションの最前線に維持することに引き続き重点を置いている。ソリューションは、ケアの提供における新しい基準を設定し、患者と医療提供者のエクスペリエンスを向上させることを目標に、業界固有の課題に対応するようにカスタマイズされている。ヘルスケアLLMソリューションは、今後開催されるCognizant Health Sciences Conferenceで紹介され、Google Cloudがヘルスケアにおける生成AIの進化する役割について議論する。

CognizantとGoogle Cloudはどちらもプライバシーとセキュリティーへの取り組みを重視しており、責任あるAIの原則を遵守し、HIPAAコンプライアンスを確保している。このパートナーシップにより、各顧客のセキュリティーとプライバシーの管理に合わせて、安全なインフラストラクチャーとデータガバナンスを通じてデータへのアクセスが保護される。

出典:プレスリリース