著名なコンサルティング会社による新しいレポートによると、休暇の計画に AI が急増しており、生成AI がレジャー旅行業界に変化をもたらしています。この調査では、北米の旅行者の 40% 以上が旅行のアイデアや旅程の作成に AI を利用しており、前年から大幅に増加していることが示されています。この傾向はオンライン旅行代理店に利益をもたらすことになり、旅行サプライヤーが同様のテクノロジーに投資しなければ、市場シェアと手数料が大幅に増加する可能性があります。

コンサルティング会社の専門家、ローレンス・バーカ氏は、旅行者は生成型 AI によって、膨大な情報量と面倒な旅行計画プロセスから解放されていると指摘しています。顧客体験とロイヤルティの向上という利点があるにもかかわらず、旅行ブランドはこうした AI ツールの導入に消極的であるようです。この消極的な姿勢は、直接予約やパーソナライズされたサービスの機会を逃すことを意味する可能性があります。

このレポートでは、旅行者の間で生成 AI が好意的に受け止められていることも強調されており、大多数がこれらのツールを再利用する意向を示しています。特に若い旅行者は計画に AI を活用していますが、高齢の旅行者のかなりの割合も AI を利用しています。満足度は AI が推奨する旅行オプションにも及び、予約転換率も高くなっています。さらに、ロイヤルティ プログラムのメンバーやクルーズ愛好家は、旅行の計画に生成 AI を使用することに特に熱心で、さまざまな旅行者層で広く受け入れられていることを示しています。

出典:プレスリリース