大手コンサルティンググループによる最近の調査で、人工知能(AI)と生成型AI (GenAI)に対する従業員の見方が変化していることが明らかになった。世界中の13,000人以上の従業員を対象にしたこの調査では、42%が自分の仕事におけるAIの役割にますます自信を深めている一方で、常用者のほぼ半数が、これらの進歩により10年以内に自分の職が時代遅れになるのではないかと懸念していることが分かった。

GenAIの採用は、特に最前線の従業員の間で顕著に増加しており、現在43%が日常業務で使用している。この急増は、このテクノロジーによってユーザーが週平均5時間を節約できるため、より複雑で戦略的な作業に再割り当てできるためです。この調査では、GenAIへの親しみが高まるにつれて、効率化の機会と雇用の安定性への課題の両方を提供するというその二面性に対する認識も高まっていることが示唆されている。

GenAIの受容における地域的な違いも浮き彫りになった。南半球の回答者は北半球の回答者に比べて楽観的な見通しを示し、雇用喪失に対する懸念も低いことが分かった。さらに、南半球ではGenAIの使用率とトレーニング率が高く、従業員はテクノロジーを探求し、スキルを磨く傾向が強いことが報告されている。

コンサルティンググループのレポートでは、組織がGenAIに対して積極的なアプローチを採用することの重要性を強調し、変革、トレーニング、役割の変化への予測に重点を置いた戦略を推奨している。そうすることで、企業はGenAIの可能性を活用して価値創造と従業員満足度を高め、これらのテクノロジーを職場に統合する複雑さを乗り越えることができる。

出典:プレスリリース