CYPHER Learningは、AI生成コンテンツの精度を高めるために設計された、新しいAI搭載ツールであるAI Crosscheckを発表した。スペルチェックアプリケーションと同様に機能するAI Crosscheckは、コンテンツ内の誤った情報を特定して修正し、修正を提案し、変更を実施するかどうかをユーザーに問い合わせる。この取り組みは、不正確さや潜在的に有害なコンテンツに関する懸念を軽減し、組織内でのコンテンツ生成にAIを採用することへの信頼を高めることを目的としている。

CYPHER LearningのCEO兼CTOであるGraham Glass氏は、コンテンツ作成ワークフローでAIを利用する組織に信頼性の高い保護を提供する上でのAI Crosscheckの重要性を強調した。このツールは、他のAIシステムによって生成された出力の不一致を精査してフラグ付けすることにより、エラーや不一致などのAIコンテンツ生成に関連するリスクを最小限に抑えることを目的としている。

CYPHER LearningはAI CrosscheckをAI 360プラットフォームに統合し、ユーザーがツールをコンテンツに簡単に適用できるようにした。AI Crosscheckが問題を検出すると、概要を表示して代替テキストを提案し、ユーザーに推奨事項を受け入れるか却下するかの選択肢を提供する。さらに、このツールはコンテンツにエラーがないことを確認するため、コンテンツ制作の信頼性が向上する。

教育コンテンツとコース開発に生成AIを活用するリーダーとして、CYPHER LearningはAI対応のスキル管理と包括的なコース作成ツールを提供することで他社と一線を画している。同社は、顧客データのプライバシーを保護し、データの所有権を維持し、高度なセキュリティー対策を組み込むことに尽力している。この戦略的アプローチは、学習体験を向上させるだけでなく、顧客データの整合性とセキュリティーも保護する。

出典:プレスリリース