デル・テクノロジーズ(アメリカ)は、AIデバイスとインフラストラクチャーの提供を拡充し、Qualcomm Snapdragon® X EliteおよびSnapdragon® X Plusプロセッサーを搭載した5つのCopilot+ AI PCを発表。これらのデバイスは、個人向け、ゲーミング向け、法人向けとして、2024年初頭から注目されている。新しいノートPCは、生産性とセキュリティーを向上させるとともに、バッテリー駆動時間を延長し、ユーザーの作業効率を高める。

新製品には、「New XPS 13」、「New Inspiron 14 Plus」、「New Inspiron 14」、「New Latitude 7455」、「New Latitude 5455」が含まれ、それぞれが高速なAIパフォーマンスを提供。特に「New XPS 13」は、Snapdragon X Eliteを搭載し、最大27時間のバッテリー駆動時間を実現。学生やビジネスユーザーにとって、日常作業の生産性向上に貢献する。

LatitudeシリーズのAI PCは、ビジネスユーザーに向けて、Snapdragon X Elite 12コア プロセッサーまたはSnapdragon Plus 10コア プロセッサーを選択可能。これにより、充電の心配なく一日中効率的に作業ができる。また、新しいキーボード「Dell Silent Keyboard and Mouse」(KM555)や「Dell Wired Collaboration Keyboard」(KB525C)も発表され、AIエコシステムを完成させる。

日本では、「New XPS 13」と「New Inspiron 14 Plus」の予約販売が5月21日から開始され、6月末より製品の配送が行われる。他の製品も順次発売予定で、詳細はデル・テクノロジーズのウェブサイトで確認できる。企業はAI PCのリフレッシュ計画を進める中、デル・テクノロジーズは持続可能性にも注力し、廃棄時の安全な方法を提供している。

出典:プレスリリース