デジタルシティオキナワ(沖縄県泉崎)は、文部科学省の「DXハイスクール」採択校の取り組みとして、生成AIを活用した「探究アイデアソン」を7月9日に開催する。岡山県立瀬戸高等学校の目標に賛同し、デジタルリテラシーを身に付けた次世代リーダー育成を目指す。

笹埜健斗氏と岡山県立瀬戸高等学校校長が共同開発した「FRTCサイクル」理論に基づくこのプログラムは、数理・データサイエンス・AIを駆使し、探究学習の質を向上させる。講師として笹埜氏が登壇し、参加者には収録動画視聴の特典も提供される。

イベントはハイブリッド形式で行われ、生成AIの活用方法や探究学習の進め方について学ぶ。笹埜氏は「生成AIと数理・データサイエンスを活用し、生徒の探究心を引き出す」と述べ、教育環境改善への第一歩と位置付けている。

デジタルシティオキナワは今後も生徒たちがデジタル社会で成功するための準備を支援する。教育イベント「探究アイデアソン」への参加申込は、指定のウェブサイトから可能だ。

出典:プレスリリース