ディリジェントは、組織のリスク管理を強化することを目的とした、ディリジェント ワン プラットフォームに統合された高度な人工知能ツール スイートであるディリジェント AI を発表しました。新しい機能は、ユーザーがリスクを積極的に特定して対処し、機密データを保護し、包括的な意思決定プロセスを促進することを支援するように設計されており、それによって組織の回復力を促進し、業務に前例のない明確さと確実性をもたらします。

ディリジェントの社長兼 CEO であるブライアン・スタッフォード氏は、今日の絶えず変化するリスク環境において、積極的にリスクを管理するには、データを戦略的インテリジェンスに変換することが重要であると強調しました。ディリジェントの AI は、ガバナンス、リスク、コンプライアンスのさまざまな側面を結び付け、ガバナンスを改善し、リスクをより理解しやすくするカスタマイズされた洞察を提供します。

Diligent AI は、リスクを共通言語として使用することでリーダー間のコラボレーションを強化し、統合された自動化を通じてリソースの拡張とより良い成果の達成を可能にするように設計されています。取締役会メンバーと幹部にカスタマイズされた情報を提供することで利害関係者とのコミュニケーションを改善することを目指しており、さまざまなガバナンス、リスク、コンプライアンス部門間の障壁を排除することで意思決定を強化しようとしています。

ディリジェントのグローバル AI チャンピオンであるフィル・リム氏は、競争の激しい市場におけるリスクへの迅速かつ効果的な対応の重要性を強調しました。ディリジェントの AI は、AI に対する責任ある倫理的なアプローチに対する同社の取り組みの一環であり、ユーザー データとのやり取りが安全で合意に基づくものであることを保証します。同社は、ユーザー データのプライバシー、生成されたコンテンツの明確なラベル付け、AI によるユーザー データとのやり取りに対するユーザーの同意の義務化に重点を置き、ガバナンス、リスク、コンプライアンスにおける生成AIの使用において、最高水準の安全性とコンプライアンスを維持することを誓約しています。

出典:プレスリリース