ディップ(東京都港区)は、生成AIを活用した日本初の対話型バイト探しサービス「dip AIエージェント」を開始する。2023年4月に「ディップ技術研究所」を設立し、松尾・岩澤研究室と連携して技術開発を進めている。本サービスは労働市場の課題解決を目指し、働く喜びと幸せを感じられる社会を実現することを目標にしている。

日本の労働市場では、少子高齢化による労働力不足が深刻化している。有期雇用労働者は全労働人口の37.1%を占め、ダブルワークの増加も見られる。ディップは2000年に「はたらこねっと」を開始し、インターネットでの仕事探しをリードしてきたが、採用率は数%程度と改善の余地がある。

そこでディップは、「dip AIエージェント」を通じて、AIが求職者のニーズや夢、特技、性格に合った仕事を提案するサービスを提供する。約2,000名の採用コンサルタントが集める独自の求人情報と求職者のニーズを活用し、マッチング精度を高めることで、最適な仕事に出会える機会を創出する。

「dip AIエージェント」は、従来のチャットボットと異なり、生成AIを活用して自然な応答を生成し、対話を通じて最適な仕事を見つける。松尾研究所と共同で技術レベルを設定し、レベル2「対話支援型」から始め、将来的にはレベル3「深層理解型」への進化を目指している。サービスの特長として、会話形式で仕事探しができ、いつでも相談可能で、自分に合った仕事が見つかる点が挙げられる。

出典:プレスリリース